Nulbarich、初の韓国単独公演で最大規模ワンマンツアーに幕 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Nulbarich、初の韓国単独公演で最大規模ワンマンツアーに幕

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Nulbarich、初の韓国単独公演で最大規模ワンマンツアーに幕

Nulbarich、初の韓国単独公演で最大規模ワンマンツアーに幕


 Nulbarichが、ツアー【Nulbarich ONE MAN TOUR 2019- Blank Envelope-】のファイナル公演を、2019年7月20日に韓国・MUV HALLで開催した。
Nulbarich その他ライブ画像

 2月に発表した3rdアルバム『Blank Envelope』を携え、3月より行ってきた国内10公演に台湾、韓国を含む全12公演にわたる彼らの過去最大規模のワンマンツアー。初の韓国単独公演は、幻想的な演出の中、JQのギタープレイと美声が響き渡った「Silent Wonderland」でスタート。そして、初の韓国単独公演ならではの勢いのある「Let's go Korea!!」という言葉を放った後に「VOICE」へと移行すると、ドラムの正確なビートに乗せ、本ツアーを牽引してきた鍵盤を軸に盤石なアンサンブルを奏で、会場がたちまちNulbarichワールドに染められ上げていく。最初のMCではJQが来場者に向かって英語と韓国語、そして日本語を交え「ようこそ、元気ですか?」と挨拶。現地のオーディエンスが大きな歓声で、その声に応えた。

 中盤には、代表曲ともいえる「NEW ERA」「Sweet and Sour」をはじめ、彼らのライブではお馴染みの「On and On」で会場を大きく揺らし、会場内は一体感のある空気に包まれた。合間のMCでは再び韓国語で「韓国に来られて嬉しい」と感謝の気持ちを伝えライブは終盤へ。その後もバンドの盤石な演奏を活かした、ほぼ全ての曲が真新しいアレンジの楽曲で熱演。オーディエンスの耳を魅了した「Zero Gravity」「Supersonic」と極上のジャムセッションを2曲続けた後、拍手喝采で包まれる中、深い感謝の念と共に、「想像もしていなかった舞台に立っている。これからも僕らは止まらず、走り続けます。また会いましょう」と再会を告げ、新境地を切り開いたアルバム『Blank Envelope』に収録されたアンセム・ソング「Stop Us Dreaming」に、伝えきれなかった思いの丈を全て託し、ツアーの幕を下ろした。

 なお、自身最大キャパシティとなるさいたまスーパーアリーナのチケットは、7月27日10:00に各プレイガイドで販売開始。



◎セットリスト
【Nulbarich ONE MAN TOUR 2019- Blank Envelope-】
2019年7月20日(土)韓国・MUV HALL
01 Silent Wonderland
02 VOICE
03 Focus On Me
04 I Bet We’ll Be Beautiful
05 NEW ERA
06 ain't on the map yet
07 Kiss You Back
08 Sweet and Sour
09 On and On
10 Handcuffed
11 Ring Ring Ring
12 JUICE
13 All to Myself
14 In Your Pocket
15 Almost There
16 Zero Gravity
17 Supersonic
18 Toy Plane
19 Stop Us Dreaming

◎ライブ情報
【Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-】
2019年12月1日(日)さいたまスーパーアリーナ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい