[ALEXANDROS]、人間模様や社会のひずみに切り込むNHKドラマ主題歌を担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

[ALEXANDROS]、人間模様や社会のひずみに切り込むNHKドラマ主題歌を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
[ALEXANDROS]、人間模様や社会のひずみに切り込むNHKドラマ主題歌を担当

[ALEXANDROS]、人間模様や社会のひずみに切り込むNHKドラマ主題歌を担当


 [ALEXANDROS]が、NHKで2019年10月18日からスタートのドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』の主題歌を担当する。

 今作は、松雪泰子演じる天才工学者が、毎回さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれ、秘められた真相に挑む物語。コミカルにそして痛快に、掟破りで自分勝手なヒロインが、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら、「失敗学」を武器として、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいく。

 なお、[ALEXANDROS]は今年、新曲「Pray」「月色ホライズン」を続けざまにデジタル・リリースし、夏フェスにも多数出演。さらにNHK【[ALEXANDROS]18祭】の開催も決定しているが、NHKのドラマの主題歌を手掛けるのは初めてとなる。



◎リリース情報
配信シングル「月色ホライズン」
2019/07/05 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい