ポール・マッカートニー、リンゴ・スター/ジョー・ウォルシュと米LA公演で共演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・マッカートニー、リンゴ・スター/ジョー・ウォルシュと米LA公演で共演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ポール・マッカートニー、リンゴ・スター/ジョー・ウォルシュと米LA公演で共演

ポール・マッカートニー、リンゴ・スター/ジョー・ウォルシュと米LA公演で共演


 現地時間2019年7月13日、ポール・マッカートニーが米LAのドジャー・スタジアムにて【フレッシュン・アップ】US&カナダ・ツアーの最終公演を行った。

 ソールドアウトとなった公演には、先日79歳の誕生日を迎えたばかりのリンゴ・スターも駆けつけ、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)」と「へルター・スケルター」の演奏に飛び入り参加した。

 ポールが「僕たちにとって、君たちにとって、全員にとって、サプライズがあるよ。レディース&ジェントルメン、唯一無二のリンゴ・スターだ!」とリンゴをステージに呼び込むと、客席からは大歓声があがった。そしてポールに頭にキスをされ、ステージに迎えられたリンゴは「ピース&ラヴ!」とお決まりのセリフで、観客に挨拶した。

 さらには、イーグルスのギタリスト、ジョー・ウォルシュが名盤『アビー・ロード』収録の「ジ・エンド」の演奏中に登場し、見事なギター・ソロで観客を沸かせた。演奏後ポールは、「最高だったのは、僕ら全員何をやってるのか全く分からなかったところだ」とジョークを飛ばした。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい