須田景凪、初ホールワンマン公演で見せた“アーティストとして生きていく覚悟” 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

須田景凪、初ホールワンマン公演で見せた“アーティストとして生きていく覚悟”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
須田景凪、初ホールワンマン公演で見せた“アーティストとして生きていく覚悟”

須田景凪、初ホールワンマン公演で見せた“アーティストとして生きていく覚悟”


 須田景凪が開催したホールワンマン公演のオフィシャル・ライブレポートが到着した。
須田景凪 その他ライブ画像

 今年1月にリリースされた1st EP『teeter』を引っ提げ、3~4月に東名阪ライブツアーを敢行した須田景凪。全公演ソールドアウトを受け、7月14日に追加公演として、自身初のホール公演が中野サンプラザホールで行われた。

 超満員の会場を見下ろす舞台には、舞台上がうっすらと透けて見える紗幕が下ろされている。開演の時が訪れると、波紋のようなグラフィックと共に“teeter”のロゴが紗幕の上に映し出された。

 静謐な印象のインスト曲からライブはスタート。モリシー(Gt/Awesome City Club)、雲丹亀拓人(Ba)、堀正輝(Dr)という強力なバンドメンバーを従えてギターを掻き鳴らす須田は、薄衣のような紗幕の向こう側からその幻のような存在感を示す。紗幕に投影された光の粒子に囲まれて演奏する須田の姿は、まるで動画サイトに投稿されたMVのアニメーションから飛び出してきたかのような、浮世離れした雰囲気を纏っていた。

 2曲目に披露された「farce」では、舞台を覆いつくしていた紗幕が飛んで、須田の姿もはっきりとオーディエンスの目の前に晒される。その歌声はやや粗削りながらも、CD音源や動画で聴く以上に深みと色気があり、時に狂おしく、時に優しく、胸をぎゅっと締め付けるような天性の切なさを持っていた。

 何より印象的だったのは、オーディエンスひとりひとりに語りかけるように歌う須田の姿だ。真っ赤なレーザービームに射られながら攻撃的に披露される「idid」から切なく狂おしいバラード『シックハウス』まで、須田はバリエーション豊かな楽曲達を歌詞を噛み締めるように大切に歌う。その佇まいはどこまでも優しく、いわゆるライブでの“ノリ方”のようなものを押し付けることは一切ない。自身でもMCで「まだ数える程度しかライブをしたことがないので」と話していたように、場数が少ないが故の不器用さが表れていたのかもしれないが、楽曲に込めた想いを伝えようと一生懸命に歌う姿はミュージシャンとして充分に美しく思えた。そんな須田の想いが通じたのか、動画サイトでも高い人気を誇るバルーン名義曲の「雨とペトラ」や「メーベル」などではオーディエンスから自然発生的にハンドクラップが巻き起こるといった一幕もあり、須田の作る楽曲の求心力を改めて思い知らされた。

 ライブ中盤では、スクリーンを多用したホール公演ならではの演出も印象的だった。縦横ランダムな形状の短冊型のスクリーンが舞台上部より登場し、楽曲にちなんだ映像が投影される。中でも雨音のSEから始まる「Cambell」の演出は圧巻。スクリーンに縦横無尽に映し出された雨のアニメーションに包まれて熱唱する須田は、深い青に染められた危うげで儚い空気を濃密に纏っていた。

 TVアニメ『炎炎ノ消防隊』エンディング主題歌の新曲「veil」では須田のアートワークを手掛けるイラストレーターで映像作家のアボカド6による初公開のアニメーションMVを背負って歌い上げ、オーディエンスも一際沸き立った。その後も興奮そのままに、バルーン名義の代表曲「シャルル」をはじめとした人気曲で畳み掛ける。MVを彷彿させるように、短冊型のスクリーンをカラフルに染め上げた「パレイドリア」ではホール全体が揺れるほどの盛り上がりを見せ、まるでライブハウスのような一体感が会場全体を包み込んだ瞬間だった。

 MCで「ホールライブは初めてなんですが、みんなの表情がよく見えますね」と嬉しそうに微笑んだ須田は、「ライブをやったり、動画を投稿する度に、皆さんからもらえるレスポンスによって生かされている、呼吸ができている」「皆さんからもらったものは音楽で返していくしかないなと思っていて」と訥々と語った。その真摯な言葉からは、アーティストとして生きていく覚悟のような想いが緩やかに、しかし確固たるものとして伝わってくるようだった。

 「僕の作る曲が皆さんの日常の片隅のどこかに溶け込んでくれたらいいと思うし、そしていつか皆さんの共通の言葉のようになってくれたらいいなと思っています」そんな須田の言葉を胸に聴く、本編ラストの『浮花』そして初披露となった新曲「MOIL」は、素朴な儚さと祈りのような力強さが共存した、不思議な響きを持っていた。「MOIL」では主題歌となっている映画『二ノ国』の映像を背に、マイクスタンドに縋りつくように精一杯に声を振り絞っていたかと思うと、ハンドマイクで客席に近づいていき、オーディエンスひとりひとりに寄り添うように歌いかける。その姿は決してライブ経験がまだ少ないとは思えないほどに堂々としていて、それ以上に人間としての優しさに満ち溢れていた。

 アンコールの「レド」「密」まで含め全18曲。全身全霊で披露されたその歌声からは、ボカロP“バルーン”として始まった須田景凪の音楽人生そのものが垣間見えるようだった。粒よりの楽曲達は、須田自身の日常の欠片から削り出された美しい結晶だ。須田の祈りが込められた楽曲達は確かにリスナーの日常に溶け込んでいて、近い将来共通言語となる未来が想像できるような時間だった。

 アンコールでは、来年2月より行われる自身初となる全国ツアーもアナウンスされた。「人間は3か月あれば別の生き物になれると思っていて」とMCで語った須田が、半年後にアーティストとして、そして人間としてどのような姿に変貌を遂げているのか、楽しみで仕方ない。

TEXT:五十嵐文章
PHOTO:Taku Fujii

◎セットリスト
【須田景凪 TOUR 2019 追加公演 "teeter"】
2019年7月14日(日)東京:中野サンプラザホール
Dolly
farce
idid
メーベル
雨とペトラ
Cambell
シックハウス
レソロジカ
morph
veil
mock
シャルル
ポリアンナ
パレイドリア
浮花
MOIL
<アンコール>
レド


◎ツアー情報
【須田景凪 TOUR 2020】 
2020年2月29日(土)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
2020年3月07日(土)愛知・ダイアモンドホール
2020年3月08日(日)大阪・なんばHatch
2020年3月14日(土)北海道・札幌 cube garden
2020年3月20日(金・祝)宮城・仙台Rensa
2020年3月28日(土)広島・LIVE VANQUISH
2020年3月29日(日)福岡・福岡イムズホール

◎リリース情報
2nd EP『porte』
2019/8/21 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD+40Pルックブック)>
WPZL-31649 3,000円(tax out)
<通常盤(CD)>
WPCL-13090 1,500円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい