BUMP OF CHICKEN、林響太朗監督「流れ星の正体」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BUMP OF CHICKEN、林響太朗監督「流れ星の正体」MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BUMP OF CHICKEN、林響太朗監督「流れ星の正体」MV公開

BUMP OF CHICKEN、林響太朗監督「流れ星の正体」MV公開


 BUMP OF CHICKENの楽曲「流れ星の正体」のMVが公開された。

 「流れ星の正体」はニューアルバム『aurora arc』の最後に収録されている楽曲で、藤原基央(Vo&G)が音楽雑
誌『B=PASS』で約17年連載していた手書きコラムコーナー『fujiki』が最終回を迎えるにあたり生まれたナンバー。連載最終回では、コラムを執筆しているうちに歌詞と曲が同時に制作された様子が藤原の直筆で読者に伝えられた。その後、1番の弾き語りバージョンが2017年1月にオフィシャルサイトで期間限定公開され、2年強が経過した今年4月に2番まで歌いつないだバージョンをバンドの公式YouTubeチャンネルとInstagramアカウントで発表。今回バンドアレンジを加えた完成形が収録された。

 MVは林響太朗が制作。様々な登場人物が自分の人生を歩んでいく様子が描かれている。

 BUMP OF CHICKENはアルバムリリースツアー【BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark】を開催中。東京ドームの公演チケットのイープラス最速プレオーダーは本日7月16日正午から、京セラドーム大阪およびナゴヤドーム公演のチケットの一般販売は7月20日からスタートする。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい