【先ヨミ・デジタル】PEDRO『THUMB SUCKER』が8,480DLで首位走行中 バンプ/菅田将暉が後を追う 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】PEDRO『THUMB SUCKER』が8,480DLで首位走行中 バンプ/菅田将暉が後を追う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】PEDRO『THUMB SUCKER』が8,480DLで首位走行中 バンプ/菅田将暉が後を追う

【先ヨミ・デジタル】PEDRO『THUMB SUCKER』が8,480DLで首位走行中 バンプ/菅田将暉が後を追う

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年7月8日~7月10日の集計が明らかとなり、PEDRO『THUMB SUCKER』が8,480DLで首位を走っている。
 
 PEDROは、BiSHのメンバーであるアユニ・Dによるソロバンドプロジェクト。『THUMB SUCKER』は、8月28日に発売予定の1stフルアルバムで、iTunes Storeで7月9日限定、300円で先行配信された。

 2位は、BUMP OF CHICKENの3年5か月ぶりとなるオリジナルアルバム『aurora arc』。続く3位には、菅田将暉の2ndアルバム『LOVE』がチャートイン。『aurora arc』は6,992DL、『LOVE』は1,648DLをそれぞれ売り上げており、当週は速報の時点でトップ3が1,000DLを超えるハイレベルな週となっている。

 4位のサカナクション『834.194』は、累計ダウンロード数が18,700DLを超え、まもなく20,000DLの大台を超えそうな勢いを見せている。2019年にリリースされたアルバムで20,000DLを超えた作品は、ONE OK ROCK『Eye of the Storm』、あいみょん『瞬間的シックスセンス』、back number『MAGIC』の3作のみとなっており、それらに続くことができるのか注目が集まる。

 7位には、7月5日よりロードショーとなった『劇場版 Free!-Road to the World-夢』オリジナルサウンドトラックがトップ10入り。7月3日にCD発売、10日よりダウンロード配信がスタートしたUNISON SQUARE GARDEN『Bee Side Sea Side - B-Side Collection Album』は、291DLを記録し現在8位についている。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年7月8日~7月10日の集計)
1位『THUMB SUCKER』PEDRO
2位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN
3位『LOVE』菅田将暉
4位『834.194』サカナクション
5位『Finally』安室奈美恵
6位『プロメア ORIGINAL SOUNDTRACK』澤野弘之
7位『Forward Blue Waves』加藤達也
8位『Bee Side Sea Side - B-Side Collection Album』UNISON SQUARE GARDEN
9位『CARROTS and STiCKS』BiSH
10位『アラジン オリジナル・サウンドトラック デラックス盤』


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい