デヴィッド・ボウイ「スペイス・オディティ」×月面着陸50周年プロジェクトが始動 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デヴィッド・ボウイ「スペイス・オディティ」×月面着陸50周年プロジェクトが始動

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
デヴィッド・ボウイ「スペイス・オディティ」×月面着陸50周年プロジェクトが始動

デヴィッド・ボウイ「スペイス・オディティ」×月面着陸50周年プロジェクトが始動


特別プロジェクト「スペイス・オディティ x アンロック・ザ・ムーン・エクスペリエンス」が始動。特設サイトが公開された。

 1969年の7月11日にデヴィッド・ボウイの「スペイス・オディティ」がリリースされたことと、同じく1969年7月に人類が初の月面着陸を成し遂げたことを記念してスタートした同プロジェクト。特設サイトで指示に従い、カメラ機能を使って実際の月を撮影、成功するとロックが解除され、「スペイス・オディティ」のトニー・ヴィスコンティによるミックス音源を試聴できる。同曲は本日7月12日からデジタル配信がスタート。

 また、7月20日にケネディ・センター・コンサート・ホールで開催されるワシントン・ナショナル交響楽団のトリビュートコンサート【Apollo 11: A 50th Anniversary Celebration - One Small Step, One Giant Leap】で、「スペイス・オディティ」の最新MVがプレミア公開される予定だ。

 本日7月12日は、「スペイス・オディティ」の2枚組7インチシングルボックスがリリース。オリジナルシングルモノバージョン音源に加えて、オリジナルのB面曲「フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年」のオリジナルモノバージョンや、同2曲のトニー・ヴィスコンティによる2019年最新ミックス音源が収録されている。また、「スペイス・オディティ」のトニー・ヴィスコンティによるシングルエディットバージョンが収録される。

Photography by Ray Stevenson (C) Ray Stevenson


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい