【先ヨミ・デジタル】菅田将暉「まちがいさがし」がDL首位返り咲きとなるか BTS「Lights」は現在8位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】菅田将暉「まちがいさがし」がDL首位返り咲きとなるか BTS「Lights」は現在8位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】菅田将暉「まちがいさがし」がDL首位返り咲きとなるか BTS「Lights」は現在8位

【先ヨミ・デジタル】菅田将暉「まちがいさがし」がDL首位返り咲きとなるか BTS「Lights」は現在8位


 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年7月1日~7月3日の集計が明らかとなり、菅田将暉の「まちがいさがし」が8,922ダウンロードを売り上げて現在首位を走っている。

 7月3日に発表されたBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で2位だった「まちがいさがし」は、今週前半で首位に逆転。各週前半のDL数がほぼ横ばいであるため、このままいけば7月10日発表の“Download Songs”で4週ぶりに1位に立つ可能性が見えている。菅田とあいみょんのコラボ曲「キスだけで feat. あいみょん」は4,750DLで現在7位についている。

 2位についているのは、“Download Songs”最新チャートで2週連続1位に輝いたスピッツの「優しいあの子」で、今週前半では6,881DLを売り上げている。3位の米津玄師「海の幽霊」と4位の米津玄師「Lemon」がそれぞれ6,769DL、6,315DLを売り上げており、2~3位内で接戦を見せている。

 7月3日にCDリリースされたLiSAの「紅蓮華」は、5,189DLを売上げ、現在5位。そして7月1日に配信リリースされたBTSの「Lights」は4,588DL数を売上げ、現在8位についている。BTSは今週末、大阪・ヤンマースタジアム長居でスタジアム公演を行うことから、さらにダウンロード数を伸ばすことが予想される。


◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2019年7月1日~7月3日の集計)

1位「まちがいさがし」菅田将暉
2位「優しいあの子」スピッツ
3位「海の幽霊」米津玄師
4位「Lemon」米津玄師
5位「紅蓮華」LiSA
6位「Pretender」Official髭男dism
7位「キスだけで feat. あいみょん」菅田将暉
8位「Lights」BTS
9位「マリーゴールド」あいみょん
10位「パプリカ」Foorin

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい