マドンナ、ショート・ドキュメンタリー『The World of Madame X』を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マドンナ、ショート・ドキュメンタリー『The World of Madame X』を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マドンナ、ショート・ドキュメンタリー『The World of Madame X』を公開

マドンナ、ショート・ドキュメンタリー『The World of Madame X』を公開


 マドンナがニュー・アルバム『マダムX』の制作に至った経緯を語っているショート・ドキュメンタリー、『The World of Madame X』が2019年7月3日に公開された。

 23分のフル・ヴァージョンは、Amazonプライム・ビデオで独占配信されているが、約3分のトレイラー映像がYouTubeで公開されている。マドンナはポルトガルのリスボンで数年暮らしていたが、そもそものきっかけについて、「リスボンに来たのは息子のため。彼がサッカーをプレイする情熱のため。そうやって全てが始まったのよ。サッカー・ママだったってわけ」と、息子のサッカー留学のためにわざわざ引っ越したことを明かしている。

 彼女は、「アメリカから出て、別の視点から世界を見ることができたのは嬉しかったけれど、アーティストとして不満を感じるようになった。そしてかなり孤独だった。知人が一人もいなかった。ニューヨークに来た頃と同じ気持ちだった」と、19歳で都会に出た時の体験と重ね合わせている。“マダムX”とは、当時NYのMartha Graham Schoolでダンス・レッスンを受けていた頃につけられたあだ名だそうだ。

 予告動画では、その後徐々に現地で知人が増え、ファドなどを楽しむ演奏会に迎え入れられたことで、彼らが音楽にかける純粋な情熱に触発されたことが語られている。

 この動画の配信と連動し、ロビー・リヴェラとエリック・モリロが手掛けた『マダムX』楽曲のAmazon Originalリミックス2曲も公開されている。連動しているスマートスピーカーに、“アレクサ、マドンナのアマゾン・オリジナルをかけて”と話しかけると聴くことができる。また、iOSとアンドロイドのAmazon MusicアプリのAlexaも対応している。

 『マダムX』は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位発進し、マドンナにとって9作目の全米No.1アルバムとなった。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい