幸田浩子出演“オペラティック・リサイタル”【―ARIA 花から花へ―】、最終リハーサルのレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

幸田浩子出演“オペラティック・リサイタル”【―ARIA 花から花へ―】、最終リハーサルのレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
幸田浩子出演“オペラティック・リサイタル”【―ARIA 花から花へ―】、最終リハーサルのレポートが到着

幸田浩子出演“オペラティック・リサイタル”【―ARIA 花から花へ―】、最終リハーサルのレポートが到着


 日本オペラ界の中心にたつソプラノ 幸田浩子。今夏、東京・紀尾井ホールで、新しい舞台“オペラティック・リサイタル”に挑む。演出、照明デザインが施された注目のステージは、華道家 大泉麗仁の舞台装花によって新しい感覚の劇場空間へと鮮やかに変容。そして、藤満健の奏でるピアノの中で、幸田浩子、ジョン・健・ヌッツォが登場し【―ARIA 花から花へ―】と題した物語を艶やかに展開する。《ジャンニ・スキッキ》や《つばめ》《ラ・ボエーム》などプッチーニの名作オペラから、ヴェルディの《リゴレット》と《椿姫》の名場面を披露する。
その他画像

 本日6月28日、都内で最終リハーサルが行われた。舞台スタッフとコンタクトをとりながら演技も交えて歌い、演出のディテールを確認する幸田。
 「あちらでの大切な出会い、こちらでの小さな奇跡、そんな一つ一つが音楽に導かれ、結びつき、育まれ、7月6日、紀尾井ホールで、新しい形のリサイタル“オペラティック・リサイタルーARIA 花から花へー”が生まれようとしています。ぜひ皆さまに、会場でそのひととき、共鳴していただけましたら幸せです」(幸田浩子)

 いよいよ7月6日、舞台と客席が溶け合う“花の命”を綴る舞台が誕生する。真夏の一夜、幸田浩子の歌声が観客を深淵な音世界へと誘う。


◎公演概要
【幸田浩子 オペラティック・リサイタル ―ARIA 花から花へ―
~ジョン・健・ヌッツォを迎えて~】
東京・紀尾井ホール
2019年7月6日(土) 開演14:00


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい