アニメ映画『二ノ国』主題歌に須田景凪、予告編&ポスタービジュアル公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アニメ映画『二ノ国』主題歌に須田景凪、予告編&ポスタービジュアル公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アニメ映画『二ノ国』主題歌に須田景凪、予告編&ポスタービジュアル公開

アニメ映画『二ノ国』主題歌に須田景凪、予告編&ポスタービジュアル公開


 須田景凪が、アニメーション映画『二ノ国』の主題歌を手掛けることが発表された。

 8月23日から全国公開される同作は、製作総指揮と原案・脚本を『レイトン』シリーズの日野晃博、監督を『おもひでぽろぽろ』原画の百瀬義行、音楽を久石譲が務める作品。現実の世界“一ノ国”で、幼なじみのハルとコトナと共に平穏な日常を送る高校生のユウが、コトナを巡るある出来事をきっかけに、ハルと共にもう一つの魔法の世界“二ノ国”へ迷い込んでしまう、というあらすじだ。

トップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公ユウの声優を山?賢人が務めているほか、ユウの親友ハル役に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの恋人コトナ、二ノ国のエスタバニア王国の姫君アーシャ姫の2役を永野芽郁が演じる。

 主題歌に起用されたのは、須田景凪の「MOIL」。映画の主題歌は初挑戦となる須田は「主人公ユウ達の純なひたむきさや、そこに渦巻く想いが色濃く印象に残った。作品の中で描かれる世界に添えるように、との思いを込めて楽曲を作った」と語っている。発表とあわせて、主題歌の「MOIL」を使用した予告編とポスタービジュアルが公開されている。

 声優としての共演について山?は、「1人でのアフレコを行った後だったので、(新田が)来てくれて嬉しかった。掛け合いがあったので(1人のアフレコとは)かなり変わり、生のキャッチボールができてよかった」とコメント。新田も「セリフのキャッチボールがうまくできた。気持ち的にも賢人が横にいてくれた方が役に入れた」と語った。

 また同作で初の親友役となることについて新田は「芝居的には闘っていたときのほうがやりやすかった」、山?は「俺たち共演している作品、全部戦っているね!」とコメント。さらに永野芽郁演じるコトナとアーシャ姫をめぐって究極の選択を迫られ、対立する展開に触れた新田は「色んな戦い方があるね!」と述べた。初の声優に挑んだ山?は、「自分自身ワクワクして、鳥肌が立つような作品なので楽しみにしていてほしい」と映画への期待も語った。

◎映画情報
『二ノ国』
公開:8月23日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい