志尊淳表紙の『AERA』、香取慎吾主演『凪待ち』ロケに密着&リリー・フランキーとの対談も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

志尊淳表紙の『AERA』、香取慎吾主演『凪待ち』ロケに密着&リリー・フランキーとの対談も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
志尊淳表紙の『AERA』、香取慎吾主演『凪待ち』ロケに密着&リリー・フランキーとの対談も

志尊淳表紙の『AERA』、香取慎吾主演『凪待ち』ロケに密着&リリー・フランキーとの対談も


 雑誌『AERA7月1日号』が、本日6月24日に刊行された。

 同号では香取慎吾の主演映画『凪待ち』の2018年7月に宮城県女川町で行なわれたロケに密着。香取は「今までの役よりだいぶ腐っている」と語るアウトローな主人公を演じた。ロケ中は石巻市に滞在し、「こっちにすんでいるような感じ」と語るほど人々とふれあい、差し入れのウニをほおばったり、近くの家で食卓を囲んだりしたというエピソードも明かしている。

 このほか、香取とリリー・フランキーの対談記事も掲載。香取は「いつか一緒にやりたいな、と思ってた。僕が新しい道を歩き始めて、その最初の主演映画にリリーさんがいてくれて、本当にうれしかった」と口火を切ると、リリーは「オレは改めて『慎吾ちゃんすごいな』と思った」と答えた。また、共演して感じた互いの体温や空気感、ロケ地が石巻市だったことの意味、香取自身の「再スタート」と草なぎ剛、稲垣吾郎との関係性、「絵を描くということについて」など、様々な話題について語っている。

 表紙を飾るのは志尊淳。「俳優」という仕事について語っている。

◎書籍情報
『AERA 2019年7月1日号』
2019年6月24日発売
390円(tax in)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい