『6月24日はなんの日?』スターの妹から媚びない実力派アーティストへ、ソランジュの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『6月24日はなんの日?』スターの妹から媚びない実力派アーティストへ、ソランジュの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『6月24日はなんの日?』スターの妹から媚びない実力派アーティストへ、ソランジュの誕生日

『6月24日はなんの日?』スターの妹から媚びない実力派アーティストへ、ソランジュの誕生日


 6月24日はR&Bシンガーでビヨンセの妹としても知られるソランジュの33歳の誕生日。

 ソランジュことソランジュ・ノウルズは1986年6月24日生まれ。姉のビヨンセが所属していたデスティニーズ・チャイルドのツアーダンサーとしてステージ・キャリアを積み、2002年にアルバム『ソロ・スター』でデビュー。最高位49位と思うような結果は残せなかったものの、その後、2008年に発売された2ndアルバム『ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』で最高位9位、R&Bチャートでは3位へと躍進。常に姉の輝かしいキャリアと比較される厳しい状況でありながら、着実に人気と実力をつけ、2016年9月にリリースした『ア・シート・アット・ザ・テーブル』で初の全米ビルボードNo.1を獲得。“ビヨンセの妹”という大きすぎるプレッシャーを乗り越え、名実ともにトップ・アーティストとしての仲間入りを果たした。翌2017年には初のグラミーも獲得、また、米音楽業界で活躍する女性の功績を称える【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード 2017】にて、公的人格、自身のプラットフォームや社会貢献活動を通じ社会変革を促し、未来のリーダーのエンパワーメントと育成に役立てた人物に贈られる<インパクト賞>も受賞している。

 “ビヨンセの妹”という存在からトップ・シンガーとして飛躍を遂げたソランジュ。今年3月には約2年半ぶりとなる新作『ホウェン・アイ・ゲット・ホーム』をリリース。初登場7位と前作には及ばなかったものの、今作もインタールードを随所に挟み込んだ構成に浮遊感漂うボーカルなど、シーンに媚びない独自のスタンスを貫き、3作品連続となるTOP10入りを達成。リリース直後にはツイッターのトレンドで1位を獲得するなどSNSでの反響も大きく、ビヨンセも自身のインスタグラムにカバー・アートやミュージック・ビデオを投稿し絶賛している。

 ソランジュは7月12日、13日に英ロンドンで開催される音楽フェス【Lovebox Festival】に出演予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい