ラナ・デル・レイ、最新ALのタイトル・トラックを歌う映像を公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラナ・デル・レイ、最新ALのタイトル・トラックを歌う映像を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ラナ・デル・レイ、最新ALのタイトル・トラックを歌う映像を公開

ラナ・デル・レイ、最新ALのタイトル・トラックを歌う映像を公開


 昨年リリースの発表があったものの、依然と発売日が明らかにならないラナ・デル・レイによるニュー・アルバム『ノーマン・ファッキング・ロックウェル』のタイトル・トラックを彼女が歌う短い映像が、現地時間2019年6月15日に公開された。

 ラナのインスタグラムに投稿された映像には、「タイトル・トラック」とキャプションされており、ジャック・アントノフがタグされていることから、彼が制作に携わっていることが伺える。彼女はまた、動画のコメント欄に「この曲は、様々な理由からすごく気に入ってる」と付け加えている。

 映像の中で彼女は、恋愛相手の「しょうがない幼稚な男」に対して、「あなたの詩は最悪で、ニュースのせいにしている。けれど、私はそれを変えることはできないし、あなたのムードを変えることもできない」とカメラに向かって笑みを浮かべながら歌っている。

 なおラナは先日、90年代に人気を博したバンド、サブライムのドキュメンタリーのために、彼らの「Doin' Time」をカヴァーしている。
 


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい