<ライブレポート>SIX LOUNGE、新木場に鳴り響いた新世代のロックンロール 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>SIX LOUNGE、新木場に鳴り響いた新世代のロックンロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<ライブレポート>SIX LOUNGE、新木場に鳴り響いた新世代のロックンロール

<ライブレポート>SIX LOUNGE、新木場に鳴り響いた新世代のロックンロール

 SIX LOUNGEが、全国ツアー【SIX LOUNGE TOUR 2019 “in LOVE”】の東京公演を、6月9日新木場STUDIO COASTにて開催した。

 大分発、ライブハウスでの活動を中心に全国各地でロックンロールを鳴らすスリーピースバンド・SIX LOUNGE。彼らのライブには、コール&レスポンスやお決まりの振り付けからできる一体感はない。しかし、オーディエンス一人一人が心の赴くまま叫んだり拳を突き上げたりすることで生まれる熱さがある。それは、自身最大規模のワンマンとなったこの日のステージでも健在だった。

 ライブは、SIX LOUNGE屈指のバラード「くだらない」からスタート。歌謡曲やフォーク譲りのメロディアスな歌メロが光るナンバーで、初っ端からオーディエンスの心を鷲掴みにする。続けて、「Lonely Lovely Man」「僕を撃て」と疾走感のあるナンバーでギアを上げつつ、「コースト起きてんのかオラァ!ぶっ倒しに行くからお前らもぶっ倒しに来いよ!」とヤマグチユウモリ(Vo./Gt.)の煽りから「LULU」を投下。音源より少し早めの2ビートに、フロアはさらに混沌と化していく。

 SIX LOUNGEが生み出す熱さは、テンポの速い曲だけで生まれるものではない。今回のセットリストがバラードで始まりバラードで終わることからも、彼らのライブに於いてミドルテンポの楽曲が重要なポイントを担っていることがわかるだろう。特に、終盤で披露された「憂鬱なブルー」のスタジアム・ロックを思わせるスケール感が、長めのアウトロを通してじんわりと会場に広がっていく様子は、この日のハイライトだった。

 またアンコールでは、「SWEET LITTLE SISTER」「俺のロックンロール」「ピアシング(×2)」とキラーチューンを連投。「まだやるぜ!やるぜ!俺たちのロックンロール!!」と放たれた「俺のロックンロール」では、ナガマツシンタロウ(Dr.)のパートでシンガロングも巻き起こり、さらに「ピアシング」のアウトロでは、ナガマツのドラムソロが炸裂するなか、ヤマグチがギターごとフロアにダイブ。そのまま2回目の「ピアシング」に突入する。ヤマグチの代わりとばかりに大声で歌う人、ただただ叫びまくる人、その光景に驚きながら笑顔でステージを観ている人……まるでキャパ200くらいのライブハウスで繰り広げられるカオスをそのままスケールアップさせたような、めちゃくちゃで最高なフィナーレだった。なお、この後Wアンコールで演奏された「メリールー」はエンドロールのような役割を果たしていて、終演後は青春映画を見た後のような充実感があった。

 先月15日にシングル『天使のスーツケース』をリリースしたばかりのSIX LOUNGEだが、この日のMCでは9月にニューシングルを発売することを発表した。「これだけの人の前でSIX LOUNGEやってるって想像してなかったです。ただ、ここを想像していなかったということは、(これから)まだ俺が想像していないところに行くんだろうなと。ここが終わりじゃないし、始まりでもないと思ってます」とヤマグチも語った通り、一つの通過点をしっかりと刻み込むような、そんな一夜だった。

Photo:夏目圭一郎
Text:Mika Fuchii


◎公演情報
【SIX LOUNGE TOUR 2019 “in LOVE”】
2019年6月9日(日)
東京・新木場STUDIO COAST
<セットリスト>
1.くだらない
2. Lonely Lovely Man
3.僕を撃て
4.ZERO
5.DO DO IN THE BOOM BOOM
6.プラマイゼロ
7.LULU
8.星とメロディ(新曲)
9.青に捧ぐ
10.10号線
11.MIDNIGHT RADIO
12.SHEENA
13.トラッシュ
14.憂鬱なブルー
15.天使のスーツケース
16.ラストシーン
17.ふたりでこのまま
En1.SWEET LITTLE SISTER
En2.俺のロックンロール
En3.ピアシング


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい