チャートに訪れた「個の時代」【世界音楽放浪記vol.52】

2019/06/17 11:10


ビルボードジャパンの2019年上半期ランキングが発表された。総合ソング・チャート1位は米津玄師の「Lemon」、総合アルバム・チャート1位は星野源の「POP VIRUS」、アーティスト・ランキング1位はあいみょん。主要3部門は、見事にソロ・アーティストが上位を占めた。

あわせて読みたい

  • Buzzが予見させる未来【世界音楽放浪記vol.48】

    Buzzが予見させる未来【世界音楽放浪記vol.48】

    Billboard JAPAN

    5/20

    ミレニアム世代の時代の到来【世界音楽放浪記vol.47】

    ミレニアム世代の時代の到来【世界音楽放浪記vol.47】

    Billboard JAPAN

    5/13

  • 日本のファンに会いに行く大切さ【世界音楽放浪記vol.32】

    日本のファンに会いに行く大切さ【世界音楽放浪記vol.32】

    Billboard JAPAN

    1/28

    2018年のチャートから見る“X軸の時代”の到来【世界音楽放浪記 vol.25】

    2018年のチャートから見る“X軸の時代”の到来【世界音楽放浪記 vol.25】

    Billboard JAPAN

    12/10

  • 音楽シーンはリスナーが作り出すもの【世界音楽放浪記vol.67】

    音楽シーンはリスナーが作り出すもの【世界音楽放浪記vol.67】

    Billboard JAPAN

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す