【ビルボード】アヴィーチーが遺した『ティム』がダウンロードAL首位、ゴジラ/アラジンなどサントラが上位を占める 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】アヴィーチーが遺した『ティム』がダウンロードAL首位、ゴジラ/アラジンなどサントラが上位を占める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】アヴィーチーが遺した『ティム』がダウンロードAL首位、ゴジラ/アラジンなどサントラが上位を占める

【ビルボード】アヴィーチーが遺した『ティム』がダウンロードAL首位、ゴジラ/アラジンなどサントラが上位を占める


 アヴィーチー『ティム』が6月17日付(集計期間:6月3日~6月9日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で初登場首位を獲得した。

 本作は、2018年4月20日に他界したアヴィーチーにとって最後となったアルバムだ。収録曲はほぼ全て生前に出来上がっており、遺族とファンの想いを受け継いだ共同プロデューサーたちによって完成した。リリース前には、世界6都市で先行視聴イベントが開催、6月7日にリリースされると5,306ダウンロード(DL)で当週1位を獲得した。

 続く2位は、前週1位を獲得した椎名林檎『三毒史』。今週2,761DLとなっている。そして3位は3度目のチャートインとなる澤野弘之『プロメア』オリジナル・サウンドトラック。前週と、ほぼ同じダウンロード数をキープしており、今週2,760DLを売上げている。

 他にも、今週はサウンドトラック系が好調で『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』のサントラが3週目のチャートインで7位から4位に上昇。アラジンのサウンドトラックは、英語盤とデラックス盤が5位と7位にチャートインを果たしている。

◎【Download Albums】トップ10
1位『ティム』アヴィーチー (5,306ダウンロード)
2位『三毒史』椎名林檎 (2,761ダウンロード)
3位『プロメア ORIGINAL SOUNDTRACK』澤野弘之 (2,760ダウンロード)
4位『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』ベア・マクリアリー (1,520ダウンロード)
5位『アラジン オリジナル・サウンドトラック 英語盤』 (958ダウンロード)
6位『MAGIC』back number (955ダウンロード)
7位『アラジン オリジナル・サウンドトラック デラックス盤』 (953ダウンロード)
8位『Da-iCE BEST』Da-iCE (913ダウンロード)
9位『BOOTLEG』米津玄師 (846ダウンロード)
10位『TSUBASA』t-Ace (759ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい