澤野弘之、総勢10組のゲストヴォーカルを迎えたワンマンライブ レポート到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

澤野弘之、総勢10組のゲストヴォーカルを迎えたワンマンライブ レポート到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
澤野弘之、総勢10組のゲストヴォーカルを迎えたワンマンライブ レポート到着

澤野弘之、総勢10組のゲストヴォーカルを迎えたワンマンライブ レポート到着


 澤野弘之のワンマンライブ【澤野弘之 LIVE [nZk]006】が、6月9日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開催された。
その他ライブ画像

 岡野昭仁(ポルノグラフィティ)やスキマスイッチをはじめ総勢10組のゲストボーカリストと共に数々の人気曲を披露し、その圧倒的なスケールの音世界に5,000人のファンが酔いしれた。

 【澤野弘之 LIVE [nZk]006】は、澤野が毎回さまざまなゲストボーカリストを迎えて、自身の手がけてきたアニメ・ドラマ・映画の劇伴音楽、劇中歌、テーマ曲などを生演奏で届けるライブシリーズ。2013年から定期的に開催されており、6回目となる今回は、岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、スキマスイッチ、さユり、ASCA、Benjamin、Gemie、Eliana、mpi、Laco、Tielleという豪華ゲストが参加した。

 ライブは、澤野のドラマ劇伴の代表作である『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズより「BL@CK」でスタート。『機動戦士ガンダムNT』『甲鉄城のカバネリ』といった話題作からの楽曲はもちろん、現在劇場上映中のアニメ映画『プロメア』より「NEXUS」「Inferno」、さらにTVアニメ『進撃の巨人』Season 3の劇伴および劇中曲を含む『進撃』楽曲コーナーなど、人気曲や最新のナンバーを織り交ぜながら進行していく。

 なかでも会場を沸かせたのは、今年3月にリリースされたSawanoHiroyuki[nZk]名義によるニューアルバム『Rヨ/MEMBER』収録曲のライブ初披露となるコラボレーション。スキマスイッチとは「never gonna change」をパフォーマンスしたほか、澤野が彼らのセルフカバーアルバム『re:Action』でリアレンジ・リプロデュースを手がけた「Ah Yeah!!」も披露。さユりは「ME & CREED 」に加えて、MY FIRST STORYとのコラボ曲「レイメイ」までも澤野率いるバンドの演奏で歌ってファンを喜ばせる。そして岡野は「EVERCHiLD」をエモーショナルに歌い上げ、ライブ本編を感動的に締めくくってみせた。

 アンコールでは、澤野とはSACRA MUSICのレーベルメイトでもあるASCAが登場し、『機動戦士ガンダムUC』Blu-ray BOXイメージソング「Unti-L」をドラマティックに歌唱。そして最後は澤野の音楽活動を支えるTielle、Benjamin、Laco、Eliana、mpi、Gemieという6人のボーカリストがステージに集結し、アルバム『Rヨ/MEMBER』のラストを飾っていた「REMEMBER」を歌う。ゴスペルを思わせる荘厳かつ昂揚感を誘う合唱が会場に一体感を生み、この日のライブは大団円を迎えた。



◎公演情報【澤野弘之 LIVE [nZk]006】
2019年6月9日(日)
パシフィコ横浜 国立大ホール
出演者:澤野弘之
GUEST VOCAL::岡野昭仁(ポルノグラフィティ), スキマスイッチ,さユり, ASCA, Benjamin, Gemie, Eliana, mpi, Laco, Tielle


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい