【先ヨミ・デジタル】椎名林檎『三毒史』が首位を維持 累計ダウンロード数は11,000DLを突破

Billboard JAPAN
 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年6月3日~6月5日の集計が明らかとなり、椎名林檎『三毒史』が1,502DLで首位を走っている。
 
 6月10日付チャート(集計期間:5月26日~6月2日)で首位を獲得した『三毒史』は、リリース2週目前半も1,502DLと高いダウンロード数を維持。累計ダウンロード数は11,362DLとなり、10,000DLの大台を超えた。

 同じく6月10日付チャートで3位を獲得した澤野弘之『プロメア ORIGINAL SOUNDTRACK』は、週間チャートよりワンランクアップで速報2位に。続く3位には、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のサウンドトラック、7位には、映画『さよならくちびる』に登場するユニット・ハルレオのEP『さよならくちびる - EP』がチャートイン。映画関連のタイトルがトップ10に並んだ。

 前週リリースのHAN-KUN『Musical Ambassador』、SIRUP『FEEL GOOD』はそれぞれトップ10をキープ。チャートイン84週目を迎えた米津玄師『BOOTLEG』は、当週前半も352DLを記録し速報トップ10入りを果たした。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年6月3日~6月5日の集計)
1位『三毒史』椎名林檎
2位『プロメア ORIGINAL SOUNDTRACK』澤野弘之
3位『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』ベア・マクリアリー
4位『MAGIC』back number 
5位『BOOTLEG』米津玄師 
6位『Musical Ambassador』HAN-KUN 
7位『さよならくちびる - EP』ハルレオ
8位『瞬間的シックスセンス』あいみょん 
9位『FEEL GOOD』SIRUP 
10位『Sympa』King Gnu

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック