“蒼い彗星”空野青空 初の都内ワンマン大成功! アイドル像や夢語る「ガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」って言葉が……」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“蒼い彗星”空野青空 初の都内ワンマン大成功! アイドル像や夢語る「ガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」って言葉が……」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
“蒼い彗星”空野青空 初の都内ワンマン大成功! アイドル像や夢語る「ガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」って言葉が……」

“蒼い彗星”空野青空 初の都内ワンマン大成功! アイドル像や夢語る「ガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」って言葉が……」


 北陸の“蒼い彗星”あおにゃんこと空野青空。ガンダム大好き単独戦闘型アイドルとしても知られる彼女が、新シングル『My name is IDOL』レコ初イベントとして、都内初ワンマンライブ【空野青空 5th singleレコ発one-man live~PERFECTIBILITY~】を開催。また、終演後に自身のアイドル像や夢、ガンダム愛について語ってくれた。
その他ライブ画像

 元々マジメで、怒られることが極端に苦手で、ゆえに「正しいとされる事だけしていれば大丈夫」と思って生きていたところ、ガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」と言葉に人生を変えられたという彼女は、自分もそんな良い影響を与えられる存在になるべくアイドルとして活動し続けている。5月25日に渋谷サイクロンにて開催された都内初ワンマンライブでは、その生き様が見事に体現されていた。

 個性的かつキュートでありながらも機動力を考慮した戦闘服、まるでガンダムシリーズのヒロインのような出で立ちでステージに現れると、ライブのことを「戦場」と呼び、蒼く光るサイリウムを「ビームサーベル」と呼び、オタク及びファンのことを「戦士」と呼び、そのファンの熱いレスポンスを「バースト」と呼び、スタッフのことを「大佐」と呼び、自分の胸を「Zカップ(※おそらくZガンダムのZ)」と自称する徹底したガンダムヲタぶりを発揮しながら、みんなに「愛と癒しを届ける為に」冒頭から全力パフォーマンス。「LEVEL4」や「ChuChu□」(□=ハート)「ぐんぐんわっしょいイッツオーライ」などのキラーチューンをキュベレイのように軽やかに舞いながら畳み掛けていく。

 「リハーサルのときは「大きな戦場だなぁ。戦士、来るかなぁ」とすごい不安な気持ちが大きかったんですけど、こうやってみんなが来てくれて本当に嬉しく思います。……あれ? 耳? 耳!? ないっ!」あおにゃんというあだ名の通り、彼女はステージに出撃する際にふたつのネコミミを装着しているのだが、この日は気合いが漲りすぎてか、最初に思いっきりジャンプした瞬間にソレが吹っ飛んでいってしまう。しかし、戦士たちの強烈過ぎる援護射撃、後半ではシロクマに扮したバンド陣の援軍も加わり、最新曲「My name is IDOL」やライブ定番曲「WAになって、ベリチョコステップ!」などのウェポンを次々戦場に投下。ア・バオア・クーの最終決戦級のバーストを巻き起こしていった。

 それだけの戦場を創造できた要因は、アニメとアイドルの架け橋に成り得るキャッチーかつハイクオリティな楽曲の数々、その音楽をこよなく愛する戦士たちの並々ならないエモーション、そして何より、歌もパフォーマンスもビジュアルも精神性も「アイドルになるべくしてアイドルになった」と断言できる空野青空自身の魅力と言えよう。“蒼い彗星”の異名も「あおにゃんの戦いを観た人に何かしら良い影響を与える。そんなアイドルになりたい」という想いも伊達じゃなかった。

 なお、終演後のスクリーンにて、7月10日に両A面シングル『超速 / Gorilla』をリリースすることがサプライズ発表された。「回レ!雪月花」(TVアニメ『機巧少女は傷つかない』EDテーマ)や「ここから、ここから」(TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」EDテーマ)を手掛けるクリエイター・ヒゲドライバーと、「HADES(beatmania IIDX)」や「カグツチ(太鼓の達人)」などを手掛けるMassive New Krewによる新作とのことで、こちらにもぜひ注目してほしい。

◎空野青空 終演後インタビュー

--自分では空野青空をどんなアイドルだと思いますか?

空野青空:自分自身の話になるんですけど、すごく真面目なんです! 真面目な人間は自ら「真面目だ!」って言わないと思いますが(笑)昔から怒られるのが極端に嫌いで、怖くて、正しいとされる事だけしていれば大丈夫って思ってました。でもガンダムに出会って「正しさが人を救うとは限らない」って言葉が心に刺さり、そこからなんか気が楽になって少しは融通が利く人間になったと思います。多くの“めぐりあい”のおかげでいい意味で変わっていけてるんじゃないかな? 質問の答えになってないですが、あおにゃんの戦いを観た人に何かしら良い影響を与える。そんなアイドルになりたいって思います。

--蒼い彗星の異名を持つ空野さんですが、自身をガンダムシリーズの登場人物で例えるなら誰が一番近しいですか?理由も合わせてお答えください。

空野青空:難しすぎる質問~! 今まで考えたことがなかったです。。「生まれ変わったら鳥になりたい」この気持ちがすごくわかるので、リタ・ベルナルかなぁ。『ガンダムNT』すごくよかったですよね(´;ω;)思い出しただけで涙がでてくる。。ニュータイプ神話の行き着く先、終着点、、切ない~(´;ω;) いつかアイドル界のフェネクスと呼ばれるくらい大きな存在になりたいです! あ! 狩らないでくださいね(笑)!

--では、モビルスーツおよびモビルアーマーで例えるなら?

空野青空:フォルム的には「バルバトス」が近いかなって思います! 装甲が薄くて軽い感じ(笑)! 悩みでもあるんですけど、なかなか肉がつかないんですよ(´;ω;) 特に上半身の装甲! どちらかと言うとジオン系MSが好きなので、重くなりたいと思ってます(笑) ちなみに、目標にしたいMSは「ガーベラ・テトラ」ちゃん! グラマラスでキュートじゃないですか□(□=ハート)

--都内初ワンマンライブは自分の中でどんな戦場になったなと感じていますか?

空野青空:都内では初のワンマンってこともあって、わくわくな気持ちと同時に、不安な気持ちも大きかったです。ライブが始まるまで実感がわかなくて…(笑)戦場に立ってはじめてワンマンだ!って感じました。ビームサーベルの海、とっても綺麗でした~! バーストしてくださった戦士ひとりひとりにありがたきを伝えて回りたいくらい、嬉しかったです! みんな優勝!

--個人的ハイライトはどこでした?

空野青空:ステージに出撃する直前、気合を入れてジャンプした瞬間、装備してたネコミミが吹っ飛んでいったんです(笑)自分でもびっくりしたのですが、1stアタックはネコミミ片方だけの状態でした……。その後、もう片方も撃墜されるんですけどね(笑)ライブならではのハプニング、なんだかわくわくしちゃいますよねっ(゚ω゚) 個人的ハイライトはネコミミ事件!

--最後に、目標や夢がありましたら教えてください。

空野青空:いつかアニソンが歌いたい! 好きなことをお仕事にできるって本当に幸せなことだと思うので、これからもこつこつぼんぼりたいです!

取材&テキスト:平賀哲雄

◎リリース情報
6thシングル『超速 / Gorilla』
2019/07/10 RELEASE
TMDL-0013 1,500円(税込)品番
封入特典:DLコード付きトレーディングカード


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい