ジェイ・Z、総資産10億ドル超えでヒップポップ・アーティストとして初のビリオネアに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジェイ・Z、総資産10億ドル超えでヒップポップ・アーティストとして初のビリオネアに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジェイ・Z、総資産10億ドル超えでヒップポップ・アーティストとして初のビリオネアに

ジェイ・Z、総資産10億ドル超えでヒップポップ・アーティストとして初のビリオネアに


 ジェイ・Zはかつて“俺はビジネスマンじゃねぇ、俺がビジネスだ”とラップしたことがあるが、彼の資産がとうとう推定10億ドル(約1,100億円)を超えたと経済誌フォーブスが伝えている。

 同誌のカヴァー・ストーリーによると、ジェイ・Zことショーン・カーターの総資産額は「控えめに総計しても10億ドルになり、ビリオネアになった数少ないエンターテイナーの仲間入りを果たした。ヒップポップ・アーティストとしては初」とのことだ。

 内訳は、キャッシュと投資(2億2,200万ドル/237.6億円)、オーナーを務める高級シャンパーニュ・ブランドのアルマン・ド・ブリニャックとコニャック・ブランドD’Usseからの純益(計4億1,000万ドル/442.8億円)、ストリーミング・サービスTIDAL(1億ドル/108億円)、ロック・ネイション(7,500万ドル/81億円)などとなっている。50歳での達成は驚異的としか言いようがない。

 “ヒップポップ・アーティストとして初”の称号に関しては、2015年にドクター・ドレーが“Beats By Dre”をAppleに30億ドル(約3,240億円)で売却した際に到達したと思われたが、この時に彼の資産が10億ドルを超えず、8億5,000万ドル(918億円)にとどまった理由を当時フォーブス誌が解説していた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい