【先ヨミ・デジタル】椎名林檎『三毒史』がダウンロード首位独走中 SIRUP初のフルアルバムがトップ5に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】椎名林檎『三毒史』がダウンロード首位独走中 SIRUP初のフルアルバムがトップ5に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】椎名林檎『三毒史』がダウンロード首位独走中 SIRUP初のフルアルバムがトップ5に

【先ヨミ・デジタル】椎名林檎『三毒史』がダウンロード首位独走中 SIRUP初のフルアルバムがトップ5に

 GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年5月27日~5月29日の集計が明らかとなり、椎名林檎『三毒史』が6,407DLで首位を走っている。

 『三毒史』は、ゲストに宮本浩次、トータス松本、向井秀徳、櫻井敦司(BUCK-TICK)らを迎えた、約5年ぶりとなるオリジナルアルバム。本作は、椎名林檎のデビュー記念日である5月27日に配信スタートとなり、初動3日間で6,407DLを記録している。2位以下に5,000DL以上差をつけての1位となっており、週間チャートでの首位獲得も堅いだろう。

 6月3日付(集計期間:5月20日~5月26日)チャートで1位を獲得した『「プロメア」オリジナルサウンドトラック』は、リリース1週目後半も1,279DLを記録し2位を走行中。本作は、5月24日に全国公開されたアニメ映画『プロメア』のサウンドトラックで、劇場公開日と同日に配信スタートとなった。

 3位には、HAN-KUNの初のカバーアルバム『Musical Ambassador』がチャートイン。秦基博「ひまわりの約束」や、Mr.Children「Tomorrow never knows」など全12曲が収録されている。SIRUP初のフルアルバム『FEEL GOOD』は、821DLで現在5位。本作には、Honda『VEZEL TOURING』CMソング「Do Well」が収録されているほか、BIM、TENDREら注目の若手アーティストが参加している。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(2019年5月27日~5月29日の集計)
1位『三毒史』椎名林檎
2位『「プロメア」オリジナルサウンドトラック』澤野弘之
3位『Musical Ambassador』HAN-KUN
4位『GUITARHYTHM VI』布袋寅泰
5位『FEEL GOOD』SIRUP
6位『MAGIC』back number
7位『~OFUTARISAMA~ IN YEBISU GARDEN HALL 2019.2.17』moumoon
8位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
9位『BOOTLEG』米津玄師
10位『Sympa』King Gnu


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい