山崎まさよし、弦楽四重奏による5人編成でのツアーファイナルを映像作品化

Billboard JAPAN

 山崎まさよしが、ライブ映像作品『String Quartet “BANQUET”』を、2019年7月24日にリリースする。

 今作は、昨年敢行された山崎と弦楽四重奏による5人編成でのツアー【BANQUET TOUR】のファイナル公演、渋谷オーチャードホールでの模様を記録したもの。格式あるオーチャードホールでの優雅で贅沢なパフォーマンスに加えて、全曲ストリングスアレンジされた名曲群の新しい魅力が詰まっている。

 なお、全形態共通で、副音声には山崎まさよしと作曲家・服部隆之による音声解説を収録。さらに、ファンクラブ限定盤には、特別仕様スリーブケースで【BANQUET TOUR】全公演のライブ写真をまとめた豪華72Pのスペシャルフォトブックが付属する。ファンクラブ限定盤の予約受付期間は7月1日まで。



◎リリース情報
ライブ映像作品『String Quartet “BANQUET”』
2019/07/24 RELEASE
<FC限定盤(完全受注生産)(Blu-ray+スペシャルフォトブック)>
PDXN-1909 / 8,000円(tax out)
※特別仕様スリーブケース(三方背)
<FC限定盤(完全受注生産)(DVD+スペシャルフォトブック)>
PDBN-1908 / 7,000円(tax out)
※特別仕様スリーブケース(三方背)
<通常盤(Blu-ray)>
UPXH-20080 / 7,000円(tax out)
<通常盤(DVD)>
UPBH-20244/5 / 6,000円(tax out)

【収録内容】
▼2018年12月26日(水) Bunkamuraオーチャードホール公演
「月明かりに照らされて」
「メヌエット」 
「星に願いを」 
「あじさい」 
「コイン」 
「やわらかい月」 
「アンドロイド」
「僕はここにいる」 
「ツバメ」 
「花火」 
「君の名前」 
「One more time, One more chance」 
「水のない水槽」
「紛失」 
「Fat Mama」 
「ド ミ ノ」 
「セロリ」 
「晴男」 
「道」 
「Stranger」 
「お家へ帰ろう」 
「ア・リ・ガ・ト」
※山崎まさよしと服部隆之による副音声解説を追加収録

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック