ザ・コインロッカーズ、150公演ツアー開幕 皮切り2公演にメンバー39人が総出演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・コインロッカーズ、150公演ツアー開幕 皮切り2公演にメンバー39人が総出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ザ・コインロッカーズ、150公演ツアー開幕 皮切り2公演にメンバー39人が総出演

ザ・コインロッカーズ、150公演ツアー開幕 皮切り2公演にメンバー39人が総出演


 2019年5月27日と28日の2日間、ザ・コインロッカーズの初となるワンマン・ライブ【SHOCASE LIVE SPECIAL】が東京・下北沢GARAGEにて開催。
ザ・コインロッカーズ ライブ画像

 秋元康とワーナーミュージック・ジャパンがタッグを組んでスタートさせたガールズ・バンド・プロジェクト、ザ・コインロッカーズは、2018年9月から全国オーディションを開始、同年12月23日に計39名のメンバーによるバンド結成が発表された。結成からちょうど1年後となる2019年12月23日にZepp Tokyoでのワンマン・ライブをソールド・アウトさせることを目標としており、6月19日にはデビュー・シングル『憂鬱な空が好きなんだ』のリリースも決定している。

 シングルのリリースに先駆け、5月27日と28日に行われたワンマンは、全国5都市150公演にも及ぶライブハウス・ツアー【SHOWCASE LIVE】の皮切りとなるもの。計39名からなるザ・コインロッカーズは、楽曲毎に選抜メンバーを決定するシステムだが、今回の2公演では両日出演した『憂鬱な空が好きなんだ』表題曲の選抜メンバーを含む、計5組のバンドがステージに立った。以下、両公演のライブ・レポートが届いている。

 1日目のトップバッターを務めたのは、1stシングルの初回限定盤Aのカップリング曲「月はどこに行った?」を担当するバンドで、船井美玖と中村雪音によるツイン・ボーカル編成。緊張のあまり、アカペラによる歌い出しの歌詞をいきなり間違えるというシーンもあったが、客席に飛び込みそうなほど前のめりだったエレキ・ギターの吉田桃をはじめ、そんなハプニングには負けない勢いのよさと全力の演奏で観客を盛り上げた。MCでは船井が、担当曲について「ザ・コインロッカーズに加入して間もない私たちなんですが、夢と希望を持って上京してきた私たちにとって、とても身近で大事な大事な曲になっているので、たくさんの方たちに届けたいです!」と大きな声を張り上げた。

 続く表題曲選抜メンバーは、一転して落ち着いたムードの中、メンバー全員でドラムの森ふた葉の方を向いて息を合わせ、表題曲「憂鬱な空が好きなんだ」でライブをスタート。ボーカルの松本璃奈は観客にクラップを煽る余裕も見せるなど、聴かせるパートと観客と一緒に盛り上がりたいパートが明確。メリハリのついたステージングで、エレキ・ギターの手塚愛乃のコーラスや、HANNAのギター・ソロ、エレピとオルガンの色彩の違いなど、各メンバーの個性も際立っており、楽器を演奏しながらのバンド・メンバー紹介もスムーズ。プロジェクト最初の選抜メンバーに選ばれ、レコーディングやMV撮影、数多くの取材などを、多くの現場を共に経験してきた絆の強さと自信のようなものを感じせるステージとなっていた。

 そして、この日の最後に登場したのは、ベースのЯuuとドラムの成澤愛実を中心にした、39人のメンバーの中でも突出した演奏技術を持つ、テクニカルなバンド。宇都宮未来と山本朱莉によるツイン・ボーカル編成のバンドは、観客から拍手の歓迎を受けて登壇し、エネルギッシュにラウドにプレイ。この日の中では最もロック・バンド然としたステージングを見せ、フロアには「オイ! オイ!」という掛け声が湧き上がった。山本は「この日まで毎日毎日、練習を重ねてきました。初ライブのステージを皆さんと作り上げることができてすごく嬉しいです。人生で一度しかないデビュー・ライブが最高のステージになりました」と語り、最後に彼女たちが担当する青春パンク「歌いたくて歌いたくて」を歌うと、場内は大合唱となった。

 あいにくの雨模様となった2日目の5月28日は、SHOWROOMのユーザー投票によって選ばれたSHOWROOM選抜バンドによる「憂鬱な空が好きなんだ」で幕を開けた。アコギをかき鳴らしながら歌う植木美心をボーカルに配し、ドラム・レスという編成で、ドラムのビートはキーボードの泉真凜が打ち込んだトラックを使用。「桜なんか嫌いだ」では植木と?橋美紗稀が見事なハーモニーを響かせ、表題曲選抜ライブの最大のライバルとしての高いポテンシャルを感じさせてくれた。SHOWROOMユーザーからの高い人気を獲得した早坂つむぎと福田瑠佳は、ファンからの応援に感謝の気持ちを伝え、「この7人で初のライブハウスに立てて、とても幸せです。これから努力し続けて、成長していきたいと思います」と力強く語ると、場内からは温かい拍手が沸き起こった。

 ツイン・ベースにツイン・ドラムという8人編成による、カップリング楽曲「最後の蝉」選抜は、荒削りながらも瑞々しいバンド・サウンドをまっすぐに表現。ボーカルの竹内月音が「まだまだな私たちですが、一生懸命に頑張るので、これからもよろしくお願いします」とキュートな笑顔で語りかけたあと、カップリング曲である夏のラブソング「最後の蝉」では、演奏前にクラップの練習をし、観客との一体感を生み出していた。

 大トリを飾ったのは、前日とは異なるパフォーマンスを見せた表題曲選抜バンド。「憂鬱な空が好きなんだ」から「月はどこに行った?」、「歌いたくて歌いたくて」という流れは同じながらも、ボーカルの松本を始め、各メンバーはステージ上を自由に動き回るようになり、初心者としての不安からか常に下を向いてエレキ・ギターを弾いていた絹本夏海も顔を上げ、メンバーとアイ・コンタクトをしながら、笑顔も見せた。心の中の弱さや葛藤もストレートにぶつける歌と演奏は力強く、バンドのグルーブもしっかりしており、観客を自然と踊らせるシーンもあった。最後に松本が「これからツアーが始まりますが、たくさん会いに来てくれたら嬉しいです」と挨拶し、「私たちがザ・コインロッカーズです!」と声とこぶしを上げて5組のバンドによる初ライブは幕を閉じた。(Text by 永堀アツオ)

 現在YouTubeの公式チャンネルでは、ザ・コインロッカーズの活動に密着するオリジナル・レギュラー番組『ロッカーに何、入れる?』が公開中。4月からTOKYO MXにて毎週月曜深夜に放送されている番組で、放送翌日に最新放送分がYouTubeにて公開される。現在は第8回までが公開中となっている。


◎リリース情報
ザ・コインロッカーズ
シングル『憂鬱な空が好きなんだ』
2019/6/19 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい