ケイティ・ペリー、ダディー・ヤンキーと「Con Calma (Remix)」のカラフルなパフォーマンスを初披露

Billboard JAPAN

 現地時間2019年5月19日に放送された米オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン17の最終回にて、ケイティ・ペリーとダディー・ヤンキーが、コラボ曲「Con Calma (Remix)」の初パフォーマンスを行った。
 1993年に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”7週連続1位を獲得したスノウのレゲエ・ソング「Informer」をリメイクしたダディー・ヤンキーの「Con Calma」は、ケイティによる英語のパートを加えた“スパングリッシュ”リミックスが4月19日にリリースされていた。
 パフォーマンスは、ケイティが大好きなスラング“WIG”(マジ最高、マジビックリ)をトリビュートするもので、彼女は放送前に「今夜の#AmericanIdolフィナーレは“WIG”なだけじゃない―76のウィッグ(あとフリンジもちょっと)だよ。楽しみにしてて」とインスタグラムで期待を煽っていた。
 そして、この投稿どおり、オレンジのフリンジがついた衣装に、いくつものウィッグを重ねた、巨大なウィッグをかぶってケイティが登場。ネオン色の衣装を纏ったダディー・ヤンキーやダンサーたちとともに曲を盛り上げ、パフォーマンスは2人による息の合った掛け合いでフィナーレを迎えた。
 なお、『アメリカン・アイドル』シーズン17は、米ルイジアナ州出身の18歳、レイン・ハーディー(Laine Hardy)が優勝した。
 

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック