『5月18日はなんの日?』サーフ・ミュージック・シーンの第一人者、ジャック・ジョンソンの誕生日

Billboard JAPAN

 5月18日はサーフ・ミュージック・シーンから飛び出した人気シンガーソングライター、ジャック・ジョンソンの44歳の誕生日。

 ジャック・ジョンソンは1975年5月18日、アメリカ・ハワイ州オアフ島生まれ。世界中のサーファー憧れの地・ノースショアで生まれ育ったジョンソンは、当然のように幼い頃からサーフィンに没頭し、10代でプロ契約を結ぶほどの腕前に。しかし、17歳の時にサーフィン時の事故により大ケガを患い、以後は音楽の世界へ。その才能をG・ラヴによって見いだされ、彼の作品のゲスト参加を皮切りに、2001年『ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ』でインディー・デビューを果たしている。

 同作はサーフ・ミュージック界のみならず音楽シーン全体の注目を集め、翌年にはメジャー移籍。結果的にデビュー作はミリオンセールスを達成し、続く2003年リリースの『オン・アンド・オン』では初のTOP10入りとなる全米ビルボード3位を記録。移り変わりの激しいシーンにおいて、様々な音楽的要素を取り入れながらも普遍的でオーガニックなサウンドでその人気を不動のものとしていく。その後、2005年作『イン・ビトゥーン・ドリームズ』が2位、日本でもおなじみの絵本『おさるのジョージ(ひとまねこざる)』を題材とした映画『キュリアス・ジョージ』のサウンドトラックで初の全米ビルボード1位を獲得。以降、活動休止期間を経て発表した『スリープ・スルー・ザ・スタティック』(2008年)、『トゥ・ザ・シー』(2010年)、『フロム・ヒア・トゥ・ナウ・トゥ・ユー』(2013年)と、3作連続で全米ビルボードNo.1を記録し、人気シンガーソングライターとして絶対的人気と地位を獲得。日本でも早くからFMラジオ局でのエアプレイをきっかけに注目を集め、アルバムも好調なセールスを記録するなど人気の高い海外アーティストの1人。昨年も【フジロック】出演のため来日を果たしており、これを記念し未発表音源も収録したキャリア初のベスト盤『ザ・エッセンシャルズ』もリリースしている。

 2017年の『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』リリース以降、精力的に世界各地でコンサートを行ってきたジョンソンだが、現在のところ次回のツアーは未定となっている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック