さだまさし、タワレコ一日店長として名刺配り&サプライズで歌も披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さだまさし、タワレコ一日店長として名刺配り&サプライズで歌も披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
さだまさし、タワレコ一日店長として名刺配り&サプライズで歌も披露

さだまさし、タワレコ一日店長として名刺配り&サプライズで歌も披露


 さだまさしが、2019年5月15日の最新セルフカバー・アルバム2作品『新自分風土記I~望郷篇~』『新自分風土記II~まほろば篇~』リリースを記念して、タワーレコード渋谷店の一日店長に就任した。

 同店のエプロンに身を包んださだが「タワーレコード渋谷店一日店長 さだまさし」の名刺をファンへ直接手渡しするというもので、早くから列を作った約500人を超えるファンと触れ合う発売日ならではのスペシャルな内容となった。さだは「去年はハイタッチ会をやって、今年は何にしようと思ってたらスタッフからレコード店の一日店長をやってほしい、という話が出て。過去に警察署長は担当したことがあるけど、レコード店の店長は初めて」と感想を口にした。

 さらに、作品購入者が抽選で参加できるプレミアム・トークイベントを同店B1スペースでも開催。抽選で当選した、会場いっぱいの限定300人のファンに囲まれたステージに登場したさだは「ここにいらっしゃるのはさっきお渡し会でお会いした皆さんですよねー? お渡し会で、皆さん人生相談所かってくらい色々話してくれて。“さださんにこうしてお会いするのに42年掛かりました!”とか言われると”俺はエベレストか!”って思うよね。あっちこっち遠いところから来て下さってるし、親子3代で来て下さってるって方も結構居てね、ありがとうございます」と軽妙なトークでスタートした。

 そして「今回のアルバムはいや~苦労しましたね。スタッフと今年は何やろうって話してたら、自分の歌を歌いなおしてくださいよ、って。いいよいいよ!って始めてみると、これだけライブで歌ってきた歌たちなのにいやいやさだまさしの歌って難しいんですよね! 普段のレコーディングの2倍くらい時間がかかりました」とMCするなど、さだの絶妙&軽快トークの連続に会場に集まった300名のファンは大満足の様相だった。

 そんなさだがステージ終盤には「今日はね~歌はね~ギターがないんで。ないよな? えっ? ギターあるの?? あ、じゃあギターあるんでちょっとお待ちください」と語り、セルフカバー・アルバムから「雨やどり」「精霊流し」「生生流転」の3曲を急遽サプライズで披露。最後に「僕は4,364回コンサートをやってきました。今週スタートの川口リリアで4,365回。みなさんのおかげでさだまさしにしていただいて、有名にしていただいて、ヒット曲を沢山つくっていただいたおかげで、物凄い経験をさせていただいてこの歳になりましたんで、こういう思いを若い人たちへとバトン渡していけたらと思います」と語り、この日のイベントは幕を閉じた。



◎リリース情報
アルバム『新自分風土記I~望郷篇~』
2019/5/15 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
VIZL-1579 4,000円(tax out)
<通常盤(CD)>
VICL-65182 3,000円(tax out)

アルバム『新自分風土記II~まほろば篇~』
2019/5/15 RELEASE
<初回限定盤(CD+DVD)>
VIZL-1580 4,000円(tax out)
<通常盤(CD)>
VICL-65183 3,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい