吉川晃司、デビュー35周年を記念して特別番組が連続放送決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉川晃司、デビュー35周年を記念して特別番組が連続放送決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
吉川晃司、デビュー35周年を記念して特別番組が連続放送決定

吉川晃司、デビュー35周年を記念して特別番組が連続放送決定


 1984年のデビュー以降、常に日本のロックシーンを牽引し続けてきた吉川晃司の35周年を記念し、WOWOWで2019年7月から数か月間にわたって特別番組が放送されることが決まった。

 今年でデビュー35周年を迎えた吉川は、デビュー日となる2月1日の東京・日本武道館公演からスタートした【KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR】を展開中だ。WOWOWでは、ミュージックビデオ・コレクションやライブヒストリーの追加編集版、主演ドラマ『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』のアンコール放送に加え、1984年の吉川のデビュー映画『すかんぴんウォーク』から始まった“民川裕司3部作”を一挙放送。またテレビ初放送となる『ユー★ガッタ★チャンス』、『テイク・イット・イージー』もラインナップ。それ以降も、さまざまなコラボレーション企画を続々と公開予定だ。

◎番組ラインナップ
『吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection』7月放送予定
2014年の30周年時に放送された過去のミュージックビデオを紹介するスペシャル番組を追加編集して放送。初期の1980年代の楽曲から、COMPLEX時代の大ヒット曲「BE MY BABY」、さらに映画『るろうに剣心』の監督・大友啓史がミュージックビデオを制作したことで話題となった「SAMURAI ROCK」など、最新曲を合わせ、40曲以上の珠玉のナンバーをお届け。

『吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35~WOWOW Special~』7月放送予定
2014年に放送され、過去のライブ映像をふんだんに使用し彼のキャリアを振り返ったライブヒストリー番組の追加編集版を放送。膨大にストックされた貴重なライブ映像は、まさにロックの神髄を目の当たりにさせる。

『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』7月放送予定
浅田次郎の幕末小説を連続ドラマ化。江戸城不戦開場を舞台に描かれる、謎の御書院番士と名もなき下級武士の熱き反戦友情物語。吉川晃司と上地雄輔ら豪華競演陣にも注目。

『すかんぴんウォーク』8月放送予定
吉川晃司デビュー主演映画。主題歌「モニカ」も大ヒットした。この後、吉川は『ユー★ガッタ★チャンス』『テイク・イット・イージー』でも民川裕司役を演じる。

『ユー★ガッタ★チャンス』8月放送予定
『すかんぴんウォーク』の続編の形を採りながら、まったく新しい物語が展開する民川裕司第2作。陸から海へ、国内から国外へと、アクションシーンが繰り広げられる。

『テイク・イット・イージー』8月放送予定
民川裕司3部作の第3弾にしての最終作。より大きな目標を探し求めて旅に出たロックスターの民川裕司を中心に、夢と恋と冒険を散りばめて描く。

『漂流街 THE HAZARD CITY』8月放送予定
『不夜城』の馳星周のベストセラーを鬼才・三池崇史が映画化。歌舞伎町を舞台に、日系ブラジル人犯罪者とヤクザたちが死闘を繰り広げる。吉川晃司は13年ぶりの映画出演。

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』8月放送予定
吉川晃司が、仮面ライダースカルに変身する鳴海荘吉役でゲスト出演。2人のライダーががっちり手を組み、巨大な悪に立ち向かう、平成ライダー10周年記念の劇場版。

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』8月放送予定
吉川晃司が再び鳴海荘吉を演じた『MOVIE大戦シリーズ』の第2弾。鳴海荘吉がなぜ仮面ライダースカルになったのか、その謎が明かされる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい