『5月13日はなんの日?』愛され続けるレジェンド・シンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『5月13日はなんの日?』愛され続けるレジェンド・シンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『5月13日はなんの日?』愛され続けるレジェンド・シンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日

『5月13日はなんの日?』愛され続けるレジェンド・シンガー、スティーヴィー・ワンダーの誕生日


 5月13日はスティーヴィー・ワンダーの69歳の誕生日。

 スティーヴィー・ワンダーは1950年5月13日アメリカ・ミシガン州サギノー生まれ。アメリカの名門レーベル、モータウンの顔として輝かしいキャリアを築いてきたスティーヴィーのデビューは1962年。デビュー当時はなんと12歳という若さで、その翌年にはライブ・アルバム『12歳の天才』で全米ビルボードNo.1を獲得。13歳にして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。以降、50年以上のキャリアのなかで「可愛いアイシャ」(1976年)、「心の愛」(1984年)、「パートタイム・ラヴァー」(1985年)など多数のヒット曲を放ち、また、その卓越した才能によりプレーヤー/プロデューサーとして数々のアーティストとのコラボレーションをおこない、音楽シーンで唯一無二の地位を築いてきた。キャリアを通じてジャンルや世代の異なるアーティストと積極的に共演を果たしてきたスティーヴィーだが、近年もダフト・パンクやアリアナ・グランデ、レディ・ガガなどのトップ・アーティストたちと世代を超えたコラボレーションが話題に。70歳を目前にした今もなお、シーンの最前線で活躍を続けている。

 スティーヴィー・ワンダーは今年も自身が主催するイベント【The Stevie Wonder Song Party】を7月6日に開催。昨年は米ロサンゼルスにて豪華ゲストを迎えて行われた同イベントだが、今年は英ロンドンのハイドパークにて、スペシャル・ゲストのライオネル・リッチーを筆頭にセリーヌ・ディオン、バーブラ・ストライサンド、フローレンス・アンド・ザ・マシーンらが出演予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい