『5月12日はなんの日?』“ポップス界の至宝”バート・バカラック、91歳の誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『5月12日はなんの日?』“ポップス界の至宝”バート・バカラック、91歳の誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『5月12日はなんの日?』“ポップス界の至宝”バート・バカラック、91歳の誕生日

『5月12日はなんの日?』“ポップス界の至宝”バート・バカラック、91歳の誕生日


 5月12日は「雨にぬれても」「遥かなる影」などの作曲者として知られるポップス界の巨匠、バート・バカラックの91歳の誕生日。

 バカラックは1928年5月12日、アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ生まれ。50年代後半に大御所女優マレーネ・デートリッヒのステージパートナーとして注目を集め、60年代からは作詞家ハル・デイヴィッドとのコンビで輝かしいキャリアを築き上げてきた。「ウォーク・オン・バイ」「小さな願い」「雨にぬれても」「遙かなる影」など、現在もスタンダートとして知られるヒット曲は数知れず。また、映画音楽の世界でもその手腕を発揮し、『007 カジノロワイヤル』『アルフィー』などを手がけ、1969年には『明日に向かって撃て』、81年には『ミスター・アーサー』でアカデミー賞を獲得。半世紀にわたり数々の名曲を生み出し、音楽界に絶大な影響を与え続けてきた、まさに20世紀を代表する偉大な音楽家だ。

 90歳を過ぎた今も現役で活動を続けているバカラックは、今年も6月に米カリフォルニアで公演を行った後、ドイツ、オランダ、イギリス各地を訪れフェス出演や単独公演を行う予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい