水曜日のカンパネラ、平成と令和のはざまにTOKIを監督に迎えた最新MV「キイロのうた」公開

Billboard JAPAN

 水曜日のカンパネラが、TOKIを監督に迎えた最新ミュージックビデオ「キイロのうた」をYouTubeで公開した。

 「キイロのうた」は、水曜日のカンパネラが昨年6月に発表したEP『ガラパゴス』に収録されている楽曲で、同時期に公開された映画『猫は抱くもの』で、コムアイ扮する猫の“キイロ”が実際に劇中で歌った楽曲でもある。

 今回の監督は、EP『ガラパゴス』のジャケット写真を撮影したフォトグラファーユニットTOKI(トキ)を起用。プロデュースは、映像プロダクションNIONの守屋貴行が担当した。

 TOKIにとって初の映像監督作品となった今作は、光の揺らぎを捉え、楽曲の世界観と溶け合った、TOKIらしさが溢れる作品となっている。


◎コメント
・TOKI
点に向かっていく
終わりと始まりの間
その淵に立たされた時に強く思い出すあの人の記憶
自分の存在さえ消えそうになるのに
その記憶だけは最後まで残る
そして魂はその記憶と同化し始める
とても強い優しさに包まれながら
新しい生へ
その時の色はキイロ

・コムアイ
だいじな曲です。
映画に登場するネコたちを包む気持ちで書いたのですが、人間の歌として蘇らせたいと思いました。
収録されたアルバムがリリースされて、過去のものになってしまうのが悲しく、トキにビデオを撮ってもらいました。
彼らの夫婦芸には、憧れと安心を感じます。
アルバムのリリースから一年たってしまったけれど、トキに映像を撮ってもらうタイミング、いまだったんじゃないかな。
永遠の花を引きちぎって。
春になり、夏になり。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック