ディアンジェロ、新作に取り掛かっていることをドキュメンタリー監督が明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ディアンジェロ、新作に取り掛かっていることをドキュメンタリー監督が明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ディアンジェロ、新作に取り掛かっていることをドキュメンタリー監督が明かす

ディアンジェロ、新作に取り掛かっていることをドキュメンタリー監督が明かす


 ディアンジェロのドキュメンタリー映画『デビルズ・パイ:ディアンジェロ(原題)』が、トライベッカ映画祭でプレミア上映され、ディアンジェロが4枚目のアルバム制作のためスタジオ入りしていることが分かった。

 本作は、2014年にリリースされた3rdアルバム『ブラック・メサイア』のツアーに2年間密着したドキュメンタリー映画で、『Voodoo』から『ブラック・メサイア』がリリースされるまでの長期的な休止、自動車事故による大ケガ、3度のリハビリ、そして愛する人達の死など、かなりパーソナルな事柄を深く掘り下げている。プレミア上映後に行われた質問コーナーで、監督のCarine Bijlsmaは、「彼はこの何週間かスタジオ入りしている。大々的なプランを考えているようで、今後もっと彼のことを目にするはずだよ」と述べた。また映画のエンディングで、漠然ではあるが、2014年にリリースされた『ブラック・メサイア』に続くアルバムを約束する文章が流された。リリース日など具体的な詳細は明かされていない。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい