ロニー・ウッド、ミックの容態を明かす「元気にやってるよ」

Billboard JAPAN

 ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッドが英雑誌「HELLO!」のインタビューで、4月上旬に心臓弁置手術を受けたミック・ジャガーの現在の容態を明かした。

 3月末に体調不良を訴え、ワールドツアーの延期を発表したミックは、自身のSNSで手術後の経過をファンへ報告していた。そして今回、ロニーも「(妻の)サリーと俺は、キース(・リチャーズ)と(キースの妻)パティと一緒に、バケーション先のカリブ海から、ギターでお見舞いソングを歌っているビデオをミックに送ったんだ」「ミックはあのビデオを見て大笑いしたみたい。彼が元気になってくれて、俺たちみんな、本当に嬉しいよ」「ミックは本当に元気にやってるよ。昨日彼と話した時も、体調はすこぶる良さそうだった」と語っていることから、ミックが良好に向かっていることが再確認できる。

 また絵画が趣味のロニーは、ピカソの「3人の踊り子(The Three Dancers)」にインスパイアされた作品を完成させたようで、「ザ・ピカソ・ストーンズ」と名付けられたその作品には、ミックやキース、チャーリー・ワッツの特徴を捉えた人物が描かれている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック