【ビルボード】乃木坂46のニューAL『今が思い出になるまで』が45万枚売り上げてCDセールス1位獲得&今年最多のアルバム売上を記録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】乃木坂46のニューAL『今が思い出になるまで』が45万枚売り上げてCDセールス1位獲得&今年最多のアルバム売上を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】乃木坂46のニューAL『今が思い出になるまで』が45万枚売り上げてCDセールス1位獲得&今年最多のアルバム売上を記録

【ビルボード】乃木坂46のニューAL『今が思い出になるまで』が45万枚売り上げてCDセールス1位獲得&今年最多のアルバム売上を記録


 乃木坂46のニューアルバム『今が思い出になるまで』が初動3日間で377,368枚、その後さらに売り伸ばして初週累計453,457枚となり、2019年4月29日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得し、さらに2019年にリリースされたアルバムとして最多の累計売上を記録した。

 続いて、BTS (防弾少年団)のニューアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』が164,804枚を売り上げ、2位にチャートインしている。ちなみに本アルバムの輸入盤は、89,532枚を売り上げている。3位には、THE YELLOW MONKEY『9999』が82,316枚を売り上げチャートイン。さらに、韓国出身9人組ボーイズ・グループ、NCT 127による日本1stフル・アルバム『Awaken』が61,193枚を売り上げて4位、藍井エイル『FRAGMENT』が15,179枚売り上げて5位にチャートインしている。

 6位以下の動きでは、back numberが3月27日にリリースした『MAGIC』が、当週も12,449枚売り上げており、7位にチャートインしている。
 

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2019年4月15日~2019年4月21日までの集計)
1位『今が思い出になるまで』乃木坂46(453,457枚)
2位『MAP OF THE SOUL: PERSONA』BTS (防弾少年団)(164,804枚)
3位『9999』THE YELLOW MONKEY(82,316枚)
4位『Awaken』NCT 127(61,193枚)
5位『FRAGMENT』藍井エイル(15,179枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい