【先ヨミ・デジタル】『関ジャム 完全燃SHOW』の影響大? あいみょん「マリーゴールド」ほか代表曲がストリーミング再生回数急増 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】『関ジャム 完全燃SHOW』の影響大? あいみょん「マリーゴールド」ほか代表曲がストリーミング再生回数急増

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】『関ジャム 完全燃SHOW』の影響大? あいみょん「マリーゴールド」ほか代表曲がストリーミング再生回数急増

【先ヨミ・デジタル】『関ジャム 完全燃SHOW』の影響大? あいみょん「マリーゴールド」ほか代表曲がストリーミング再生回数急増


 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2019年4月15日~4月17日の集計が明らかとなり、あいみょん「マリーゴールド」が1,204,839回再生を記録して首位を維持している。

 今週で連続首位記録が16週目に突入する「マリーゴールド」だが、その再生回数は前週から約18%増加して、週初3日間の再生回数としては7週ぶりに120万回を突破。加えて、3位「ハルノヒ」が約26%増となる713,737回再生、4位「今夜このまま」も約26%増となる640,452回再生、6位「君はロックを聴かない」も約26%増となる595,826回再生、10位「愛を伝えたいだとか」は約28%増となる422,546回再生と、各曲の再生回数が前週前半から大きく増加している。

 これには4月14日深夜に放送されたテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』が大きく影響したと思われる。同番組では音楽プロデューサーのいしわたり淳治、mabanuaに加え、あいみょん本人も登場し、その作詞作曲の裏側に迫る“あいみょん特集”を展開、前述の楽曲群も紹介された。その話題性の高さは言うまでもなく、番組放送直後の4月15日からの3日間集計に大きなインパクトを与えたことは想像に難くない。あいみょんは本日4月19日、同じくテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し、『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』主題歌の「ハルノヒ」を披露する。映画の公開と同日ということもあって、チャート・アクションもより一層活性化していくだろう。

 あいみょん「マリーゴールド」に続き、現在2位につけているのは、BTS (防弾少年団)が4月12日にリリースしたニュー・アルバム『MAP OF THE SOUL:PERSONA』収録曲の「Boy With Luv (feat. Halsey)」。前週末3日間の集計で週間ストリーミング・チャート10位に初登場した同曲は、今週に入ってから1,011,491回再生を記録しており、あいみょん「マリーゴールド」に迫る勢いだ。なお、2019年にリリースされた作品としては、この「Boy With Luv (feat. Halsey)」が週初3日間の再生回数100万回を超えた初の作品となる。

 そのほか、配信開始から9週目を迎えたKing Gnu「白日」が5位。今週613,025回再生を記録しており、前週前半から約3%増、ほぼ横ばいとなる推移を見せている。また、前週ストリーミング2位となったBLACKPINK「Kill This Love」は、前週前半から約28%減となる592,849回再生で現在7位。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣がソロ名義“HIROOMI TOSAKA”として、4月12日に公開された映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』主題歌として書き下ろした新曲「BLUE SAPPHIRE」が、471,749回再生で現在8位につけている。


◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(2019年4月15日~4月17日の集計)
1位「マリーゴールド」あいみょん
2位「Boy With Luv (feat. Halsey)」BTS (防弾少年団)
3位「ハルノヒ」あいみょん
4位「今夜このまま」あいみょん
5位「白日」King Gnu
6位「君はロックを聴かない」あいみょん
7位「Kill This Love」BLACKPINK
8位「BLUE SAPPHIRE」HIROOMI TOSAKA
9位「Mikrokosmos」BTS (防弾少年団)
10位「愛を伝えたいだとか」あいみょん

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型国内主要音楽配信サービスの再生回数と、シンクパワーが提供する『プチリリ』の歌詞表示回数に基づいたラジオ型ストリーミング・サービスの推定再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい