ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングにHHONEST BOYZ(R)が決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングにHHONEST BOYZ(R)が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングにHHONEST BOYZ(R)が決定

ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングにHHONEST BOYZ(R)が決定


 日本の5人組ヒップホップグループHONEST BOYZ(R)が、ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』のエンディングソングを担当することが分かった。

 エンディングソングに起用される新曲「ELECTRICITY featuring Lil Uzi Vert」は、ビヨンセやアリアナ・グランデなどを手掛け、グラミー賞11冠の米・アーティスト、ファレル・ウィリアムスがプロデュース。さらに、全米チャート1位の米・ラッパー、リル・ウージー・ヴァートも客演で参加する。

 今作の起用に同映画のプロデューサーを務めるケール・ボーイターは、「VERBALから今回のHONEST BOYZ(R)とファレルのコラボについて聞いたとき、映画との繋がりを即座に感じた。なぜなら彼らもまた、日本から世界へと乗り込んでいる、才能溢れるフュージョングループで、私たちの映画にとってもHONEST BOYZ(R)のもつワールドワイドなオーディエンスへリーチする、素晴らしい取り組みになると思う」と、期待を寄せた。

 ハリウッド映画デビューとなる今作は、日本のみならず、欧米、アジア、アフリカなど、世界各国で配給される“オリジナル版”で起用。リリースも海外メジャーレーベルからの配信を予定しており、今作が事実上の世界デビューとなる。『名探偵ピカチュウ』は5月3日に日本で先行公開されることになっている。


◎公開情報
映画『名探偵ピカチュウ』
2019年5月3日(金)日本先行公開
出演:ライアン・レイノルズ ジャスティス・スミス キャスリン・ニュートン 渡辺謙 ビル・ナイ リタ・オラ スキ・ウォーターハウス
吹替:竹内涼真(ティム役)、飯豊まりえ(ルーシー役)ほか
脚本:ロブ・レターマン ニコール・パールマン
監督:ロブ・レターマン
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナーブラザース、東宝、ポケモン
(C)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2019 Pokemon.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい