テヨン(少女時代)、圧倒的な歌唱力で引き込んだ日本ソロツアー初日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テヨン(少女時代)、圧倒的な歌唱力で引き込んだ日本ソロツアー初日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テヨン(少女時代)、圧倒的な歌唱力で引き込んだ日本ソロツアー初日

テヨン(少女時代)、圧倒的な歌唱力で引き込んだ日本ソロツアー初日


 テヨン(少女時代)の日本でのソロツアー【TAEYEON JAPAN TOUR 2019 ~Signal~】が、2019年4月13日に福岡サンパレスからスタートした。

 テヨンがソロライブで全国を回るのは、昨年の【TAEYEON -JAPAN SHOW CASE TOUR 2018-】以来2度目。ピンク色のペンライトの光が溢れる大歓声の中、バンドメンバーを従えて、テヨンがステージセンターのLEDスクリーンから登場し、ライブがスタート。昨年のショーケースからさらにソロアーティストとしての存在感を確立させ、圧倒的な歌唱力で会場を序盤からテヨンの世界観に引き込んだ。

 「みんな、お久しぶりですね! 元気でしたか?」と笑顔で挨拶すると、先日、発表されたばかりの日本での初ミニアルバム『VOICE』から新曲「HORIZON」を披露。新曲の初披露に会場の盛り上がりもさらに増していく。その後、ステージにはダンサーが登場し、さらにテヨンの世界観に包まれるライブを盛り上げていく。

 中盤になり、先行開されて話題となっていたミニアルバム『VOICE』のタイトル曲「VOICE」を初披露。ありのままの感情を吐き出すこの曲は、テヨンが歌うことで多くの人たちの色々な想いや日常と深く重なるメッセージとなっていく。ピアノの演奏に合わせ、テヨンの声が静かに熱を帯びていき、生のバンドサウンドでさらにその厚みが増し、テヨンのボーカル力が会場全体を魅了した瞬間となった。その後、各ランキングで1位を獲得した最新曲「For Seasons」を熱唱。新旧織り交ぜた選曲で様々な表情を魅せるテヨンのステージも終盤に差し掛かっていく。

 ミニアルバム『VOICE』からアルバムでも最期を締めくくり、今回のツアータイトル曲となっている「SIGNAL」を本編ラストに披露。聴く人それぞれに「きっと大丈夫」と寄り添うこの曲で会場全体をやさしく包み込んだ。

 なお、追加公演として発表された東京国際フォーラム ホールA公演は、4月14日までLINE先行受付(抽選)を実施中。

PHOTO:田中聖太郎

◎ツアー情報
【TAEYEON JAPAN TOUR 2019 ~Signal~】
2019年04月13日(土)福岡・福岡サンパレス 
2019年04月22日(月)大阪・大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール
2019年04月23日(火)大阪・大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール 
2019年04月27日(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 
2019年05月09日(木)東京・NHKホール
2019年05月10日(金)東京・NHKホール
2019年05月31日(金)東京国際フォーラム ホールA ※追加公演


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい