ザ・スミスのモリッシーを描く青春“音楽”映画、邦題&公開日&予告映像&本ビジュアルが公開に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・スミスのモリッシーを描く青春“音楽”映画、邦題&公開日&予告映像&本ビジュアルが公開に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ザ・スミスのモリッシーを描く青春“音楽”映画、邦題&公開日&予告映像&本ビジュアルが公開に

ザ・スミスのモリッシーを描く青春“音楽”映画、邦題&公開日&予告映像&本ビジュアルが公開に


 ザ・スミスのフロントマン、スティーヴン・モリッシーの青春映画の邦題が『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』に、公開日が2019年5月31日に決定し、予告映像と本ビジュアルが公開された。

 1976年マンチェスターで学校をドロップアウトしたモリッシーが、ライブハウスに通いつめバンド批評を投稿する日々の中で、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越えて、ミュージシャンとしてのアイデンティティを確立するまでを描いた本作。2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた話題作が、いよいよ日本で公開される。

 皮肉屋でコミュニケーションが苦手、音楽への情熱は人一倍なのにどうして良いかわからず苦しむ、若き日の多感なモリッシーを演じるのは『ダンケルク』のコリンズ役で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたジャック・ロウデン。モリッシーの才能を見抜き後押しするアーティストの卵、リンダー・スターリング役には『ダウントン・アビー』シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイ。職場の同僚でモリッシーを誘惑するクリスティーン役には新作ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』で暗殺者ヴィラネル役に大抜擢されたジョディ・カマー。今まさに旬のスターが競演する。

 また、1970年代を代表するニューヨーク・ドールズ、ロキシー・ミュージック、セックス・ピストルズ、モット・ザ・フープルほか様々なアーティストの楽曲が本作を彩る。困難な状況にも“夢”を、“自分”を諦めずに前へ進む姿に勇気をもらえる、珠玉の青春“音楽”映画となった。

 なお、本作に加えて、ザ・スミスの解散を知った4人の若者のある一夜を描く2019年完成予定の映画『Shoplifters of the World(原題)』も製作されるほか、関連書籍、新作カバーアルバムの発売なども決定している。



◎公開情報
映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』
2019年5月31日(金)シネクイントほか全国ロードショー
出演:ジャック・ロウデン ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ ジョディ・カマー シモーヌ・カービー
監督・脚本:マーク・ギル
プロデューサー:ボールドウィン・リー、オライアン・ウィリアムズ
共同脚本:ウィリアム・タッカー
2017年/イギリス映画/英語/カラー/シネスコ/94分/原題:ENGLAND IS MINE/字幕翻訳:柏野文映/配給:パルコ/PG-12
(C)2017 ESSOLDO PICTURES LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい