ミュージカル界の巨匠ロブ・マーシャルが手掛ける珠玉の作品を一挙紹介 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミュージカル界の巨匠ロブ・マーシャルが手掛ける珠玉の作品を一挙紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ミュージカル界の巨匠ロブ・マーシャルが手掛ける珠玉の作品を一挙紹介

ミュージカル界の巨匠ロブ・マーシャルが手掛ける珠玉の作品を一挙紹介


 『シカゴ』(2003)で【アカデミー賞】6部門を制覇し、『NINE』(2010)など、数多くのミュージカル映画を手掛けたロブ・マーシャル。渡辺謙も出演したスティーブン・スピルバーグ製作の『SAYURI』でもメガホンを取ったマーシャル監督は、ブロードウェイで振付師や演出家として活躍していた経歴の持ち主で、ブロードウェイの話題作を次々に映画化し、“ロブ・マーシャルらしさ”で大ヒットに導いてきた。ディズニーとの相性も良く、これまで手掛けた作品はここ日本でもヒットを記録している。そんなディズニーの名作『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた極上のミュージカル映画『メリー・ポピンズ リターンズ』が、2019年6月5日にMovieNEXで発売。今回、その発売を記念して、ロブ・マーシャル監督のおすすめ作品を一挙に紹介しよう。

◎『シカゴ』(2003)
【トニー賞】を受賞したブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化した本作は、1920年代のシカゴが舞台。スターを夢見ながらも、事件を起こし刑務所に収容された主人公ロキシーの波乱と、スターダムへと上り詰める様子を赤裸々に描く。マーシャルによるブロードウェイ仕込みの歌とダンスをここぞとばかりに詰め込んだ圧巻のミュージカルシーンと艶美な映像世界で、【第75回アカデミー賞】で最多12部門13ノミネート。<作品賞>、<助演女優賞>ほか最多6部門を受賞した。主演を務めるレネー・ゼルヴィガーや、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギアによる見事な歌とダンスにも注目。

◎『NINE』(2010)
本作もブロードウェイ・ミュージカルを映画化した作品で、1人の映画監督と彼を取り巻く女性たちの関係を、豪華キャストによる圧巻のパフォーマンスで魅せる。本作の見どころは、なんといっても豪華なキャスト。映画監督のダニエル・デイ=ルイスを取り巻くのは、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソンなど、錚々たるアカデミー俳優たちと、グラミー歌手だ。マーシャルによって調和された超豪華俳優たちの華やかな個性と存在感が堪能できる。

◎『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011)
ジョニー・デップの代名詞とも言える、世界中で大人気の“孤高の海賊”ジャック・スパロウが大活躍する大人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』。マーシャルが監督として初参加したシリーズ第4作目には、史上最強の敵“黒ひげ”やペネロペ・クルス演じる謎の女海賊アンジェリカといった新キャラクター、お馴染みのバルボッサなどが登場。新旧のキャラクターをうまく融合させ、マーシャルらしさが所々に光る演出に注目してほしい。

◎『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)
グリム童話を現代版にアレンジし、シンデレラ、ラプンツェルなど願いを叶えたはずのおとぎ話の主人公たちのその後を描いた大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを映画化した本作。『メリー・ポピンズ リターンズ』でもタッグを組んだエミリー・ブラントや【アカデミー賞】常連のメリル・ストリープ、そしてジョニー・デップ、クリス・パインなど超豪華実力派俳優陣による見事な歌声に注目だ。

◎『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019)
しつけに厳しく、ちょっと上から目線だが、不思議な力で人々を幸せへと導いていくメリー・ポピンズが再びバンクス家に舞い戻る。ミュージカル映画の金字塔を打ち立てた前作『メリー・ポピンズ』の公開から55年、メリー・ポピンズ役にはハリウッドを代表するエミリー・ブラントが抜擢。人気ミュージカル『ハミルトン』で知られ、昨年ハリウッド殿堂入りを果たしたリン=マニュエル・ミランダを迎え、ロブ・マーシャルらしさ全開で描かれた本作は、ディズニー史上最高のハッピーを届ける極上のミュージカルとして、高評価を獲得。歌とダンスが満載のミュージカルシーンは必見だ。

 6月5日発売の『メリー・ポピンズ リターンズ MovieNEX』には製作の舞台裏やNGシーン集、未公開シーンなど貴重なボーナス・コンテンツが多数収録。ミュージカル『メリー・ポピンズ』で主演を務めた平原綾香や声優初挑戦の谷原章介による日本語吹替え版と、字幕版の両方を堪能してほしい。4K UHD MovieNEX、そして、パッケージに特別なアートを使用した前作『メリー・ポピンズ』とのセット商品も同時発売。


◎リリース情報
『メリー・ポピンズ リターンズ』
2019/6/5 RELEASE
※同日デジタル配信開始
<MovieNEX>
VWAS6827 4,200円(tax out.)
<4K UHD MovieNEX>
VWAS6828 6,000円(tax out.)

『メリー・ポピンズ:2ムービー・コレクション(数量限定)』
2019/6/5 RELEASE
VWAS6829 8,000円(tax out.)

『イントゥ・ザ・ウッズ』
2019/6/5 RELEASE
<Blu-ray>
VWBS6849 2,381円(tax out.)
※MovieNEX、DVD発売中、デジタル配信中
<MovieNEX>
VWAS6136 4,000円(tax out.)
<DVD>
VWDS6136 1,429円(tax out.)

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
※MovieNEX、DVD発売中、デジタル配信中
<MovieNEX>
VWAS1507 4,000円(tax out.)
<DVD>
VWDS6785 1,429円(tax out.)
(C)2019 Disney


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい