ドレイク、ニューALの制作を開始したとライブで明かす

Billboard JAPAN

 現地時間2019年4月9日、【Assassination Vacation】ヨーロッパ・ツアーの一環として英ロンドンでライブを行ったドレイクが、ニュー・アルバムの制作を開始したことをライブ中に明かした。

 2018年6月にリリースされ、数々の記録を塗り替えたモンスター・アルバム『スコーピオン』から1年経たない中、ドレイクは集まった観客に向かって「実は昨晩(制作を)始めたんだ」と明かし、「この後、家に戻って、ニュー・アルバムを作ろうと思ってる。来年またロンドンに戻ってきて、これ(ライブ)をやるために」と話している。

 ドレイクのヨーロッパ・ツアーは、月末に閉幕する。その後は、米ラスベガスでの日程がいくつか控えている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック