【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム2連覇 DISH//、ASTROが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム2連覇 DISH//、ASTROが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム2連覇 DISH//、ASTROが続く

【ビルボード】back number『MAGIC』総合アルバム2連覇 DISH//、ASTROが続く


 2019年4月15日付(集計期間:2019年4月1日~2019年4月7日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、back numberの最新アルバム『MAGIC』が前週から引き続き総合アルバム首位を獲得し、2連覇を達成した。

 3月27日にリリースされ、今回2週目の集計を迎えた『MAGIC』は、42,189枚を売り上げてCDセールス1位をマーク、累計20万枚の大台に乗った。また、ダウンロードでは7,080DLを記録してこちらも1位、累計は2万DLを突破している。これらセールス指標で前週からトップを維持したのに対し、ルックアップはあいみょん『瞬間的シックスセンス』に首位奪還される形で2位をマーク。とはいえ4月13日にレンタル解禁を控えているので、次週も高ランクを維持する可能性は高い。

 back numberは、2015年の5thオリジナル・アルバム『シャンデリア』が通算3週、2016年のベスト・アルバム『アンコール』が通算4週で総合首位を獲得しており、今作の『MAGIC』も同様にロング・ヒットを記録するのではないかと思われる。

 総合2位は、2013年6月にソニー・ミュージックレコーズからデビューした4人組バンド、DISH//の2年半ぶりのアルバム『Junkfood Junction』が獲得した。ドラマやアニメのタイアップ・ソングに加え、BiSHのアイナ・ジ・エンドが参加した「SING-A-LONG feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」、あいみょんによる提供楽曲「へんてこ」なども収録した本作は、初週33,892枚を売り上げてCDセールス2位をマーク。ダウンロードは77位、ルックアップは84位と他指標に伸びしろがあるものの、話題性はしっかりと備えているので、今後の露出次第では上位を維持することも十分に可能だろう。

 総合3位には、韓国出身6人組グループのASTROによる日本デビュー作『Venus』が初登場。初週26,206枚を売り上げてCDセールス3位をマークした。続く総合4位には、あいみょん『瞬間的シックスセンス』がエントリー。今回で8週目のチャートインとなり、CDセールス13位、ダウンロード5位、ルックアップ1位と各指標で根強く上位をキープしている。

 総合5位に初登場したのは、IZ*ONEが4月1日にリリースした2ndミニアルバム『HEART*IZ』。ダウンロードで4,439DLを記録して、back number『MAGIC』に次ぐ2位をマークした。また、続く6位に入ったTWICE『#TWICE2』は、今回でトップ10入りが5週連続となっている。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『MAGIC』back number
2位『Junkfood Junction』DISH//
3位『Venus』ASTRO
4位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
5位『HEART*IZ』IZ*ONE
6位『#TWICE2』TWICE
7位『CLARITY』PassCode
8位『機動戦士ガンダム 40th Anniversary BEST ANIME MIX』(オムニバス)
9位『Kill This Love』BLACKPINK
10位『GRANBLUE FANTASY ORIGINAL SOUNDTRACKS Chaos』(ゲーム・ミュージック)
11位『東京少年少女』角松敏生
12位『Eye of the Storm』ONE OK ROCK
13位『BOOTLEG』米津玄師
14位『群青インフィニティ』東山奈央
15位『POP VIRUS』星野源
16位『平成アニソン大賞 mixed by DJ和』DJ和
17位『Chime』sumika
18位『LIP』SEKAI NO OWARI
19位『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
20位『BAND-MAIKO』BAND-MAIKO


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい