「新しい地図」が歌う『星ドラ』応援ソングが制作スタート、セカオワNakajinが手掛ける 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「新しい地図」が歌う『星ドラ』応援ソングが制作スタート、セカオワNakajinが手掛ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
「新しい地図」が歌う『星ドラ』応援ソングが制作スタート、セカオワNakajinが手掛ける

「新しい地図」が歌う『星ドラ』応援ソングが制作スタート、セカオワNakajinが手掛ける


 2019年1月にスマートフォン用ゲーム『星のドラゴンクエスト』のプロデューサーに就任した「新しい地図」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が「星ドラ応援ソング」の制作を開始した。

 この「星ドラ応援ソングプロジェクト」は、2019年4月7日にAbemaTVで放送の番組『7.2 新しい別の窓』で発表された。稲垣は「星ドラをプレイしている人にも、これから星ドラを始める人にも、ぜひ聴いてほしい、みんなを応援するような曲です」と話し、香取は「ひとつひとつの歌詞のワードが勇気をもらえる。明日に向かっての一歩を踏み出す勇気をくれる曲です。ドラゴンクエストのキャラクターがいっぱい登場して踊っています。ダンスにも注目してください」と語っている。草なぎは「星ドラにどハマりしていまして、皆さんと一緒にいろんな冒険がしたいと思っています。ぜひこの歌とともにお楽しみください」とコメントし、番組は星ドラと応援ソングに関する話題で盛り上がった。

 応援ソングの作詞作曲を、ドラゴンクエストの大ファンとしても知られるNakajin(SEKAI NO OWARI)が手掛けており、歌詞は『星のドラゴンクエスト』の世界観や「新しい地図」の3人をイメージして、大地、勇気、星、宝物、地図、ストーリー、冒険などのワードが散りばめられている。本曲は5月中旬からTVCMなどで一部公開を予定。フルバージョンは、「5月27日ドラゴンクエストの日」のプレイベントとして、2019年5月25日に幕張メッセで開催されるイベント【ドラクエの日 プロデューサー“ギガ”ミーティング】で初披露される。本イベントは完全招待制の午前の部と、フリー入場の午後の部に分かれており、午前の部に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の出演も決定。イベントの詳細は4月25日に『星のドラゴンクエスト』公式ウェブサイトで発表される。

※草なぎ剛の「なぎ」は弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

◎イベント概要
日時:2019年5月25日(土)11:00~19:00
会場:千葉・幕張メッセ ホール7
午前の部:『プロデューサー“ギガ”ミーティング』(完全招待制)
午後の部:『ドラクエの日 みんなでギガ前夜2019』(フリー入場)
※稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するのは午前の部のみ。
(C)2015-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい