自分以外誰もビートルズを知らない世界を描く映画『YESTERDAY』10月公開、エド・シーランも出演

Billboard JAPAN

 映画『YESTERDAY(原題)』が10月に日本公開される。
 『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』などで知られるダニー・ボイル監督と、『ラブ・アクチュアリー』『ノッティングヒルの恋人』などのリチャード・カーティスが贈る『YESTERDAY(原題)』。イギリスの小さな街に住むシンガーソングライターのジャックがある日交通事故に遭い、昏睡状態から目覚めると、「自分以外誰もザ・ビートルズを知らない世界」に迷い込んでしまっていた、というあらすじだ。
 出演者にはヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノンが名を連ねるほか、エド・シーランが本人役で出演。映画はニューヨークで開催される『トライベッカ映画祭』のクロージングナイト作品に選出されており、現地時間5月4日からワールドプレミア上映される。ダニー・ボイル監督は「トライベッカ映画祭で本作を通じてザ・ビートルズの名曲たちを初めてアメリカに届けるような不思議な気持ちです。本映画祭のクロージングに選出されてとても嬉しいですし、大変光栄です」と意気込みを語っている。
◎作品情報
『YESTERDAY(原題)』
2019/10日本公開
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
出演:
ヒメーシュ・パテル
リリー・ジェームズ
ケイト・マッキノン
エド・シーラン

(C)Universal Pictures.

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック