さくらしめじ×サイダーガール、2マンでお互いのTシャツ着用&ロックをかき鳴らす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さくらしめじ×サイダーガール、2マンでお互いのTシャツ着用&ロックをかき鳴らす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
さくらしめじ×サイダーガール、2マンでお互いのTシャツ着用&ロックをかき鳴らす

さくらしめじ×サイダーガール、2マンでお互いのTシャツ着用&ロックをかき鳴らす


 さくらしめじ×サイダーガールによる2マンライブのオフィシャル・ライブレポートが到着した。
その他ライブ画像

 さくらしめじが3か月連続で行ってきた主催イベント【ダブルでワクワク!さぁ!集まれダブダブ!】の最終公演として4月6日に渋谷WWWにて、サイダーガールとの2マンライブが行われた。

 2月にコレサワ、3月には大石昌良を迎えて行われた、このイベント。サイダーガールはデビュー直後からさくらしめじの田中雅功、高田彪我のふたりが動画サイトで曲を聴いていたというだけあり、オープニングトークでは「まさか一緒にライブをやれる日が来るなんて!」と緊張を上回る喜びでイベントの開幕を宣言した。

 ステージに登場したサイダーガールはYurin(vo,g)の「サイダーガール始めます」の言葉と同時に「オイオイ」という掛け声と共にオープニングナンバー「エバーグリーン」でライブをスタート。メロディアスな中にエネルギッシュさを感じさせる曲に続けて「ドラマチック」からMCで「年齢の離れた子から誘ってもらう機会はなかなかないのでうれしいです」と挨拶し、「パレット」「グッドモーニング」へ。1曲終わるごとに客席に熱が帯びていくのがわかる。

 真っ赤なライトが点滅する中、フジムラ(b)の「拳あげますか!」という呼びかけに応えるように客席からはたくさんの手があがりでアップテンポなロックナンバー「約束」で会場を大きく沸かせた。

 MCでは、フジムラが「僕らのライブを観に来てくれたんですよ。いい感じだったので、あとから調べてみたら10代でびっくりした」という出会いのエピソードから、「今日“なかよしお食事タイム”っていうのがあって、一緒にごはんを食べながら話したんだけど、新鮮だったね」と言うと「僕ら、友達いないからね」と知(g)がトークに加わり笑わせる。Yurin「なんか給食みたいだった。たわいもない話でも笑ってくれるから、なんか弟みたいな気がしました」とさくらしめじとのほのぼのとした関係性を教えてくれた。

 ジャジーに展開していく「化物」から和のメロディーにせつない歌詞が重なる「最終電車」で濃厚な時間を作り、「サテライト」で勢いよく後半へとつなげていく。Yurinがハンドマイクになると真っ赤な拡声器を片手に「ぜったいぜつめい」へ。知がオーディエンスと一緒にクラップをしながら楽しそうに飛び跳ねる。ギターのイントロからワンツースリーフォーのカウントでスタートした「リバーシブル」では、「客席のいちばん大きな声聴かせて」とみんなで「バカヤロー!」と一緒にさけんだ。

 「自由に声出して、自由に体を動かして」というYurinの言葉から「メランコリー」で跳ねたメロディアスな楽曲で約1時間のステージを終えた。

 元気よく登場するという予想を見事に裏切り、暗転したままのステージにギターを抱えたさくらしめじが姿を現す。バックからライトを浴びて「My Sunshine」を歌い終えると一転、「さくらしめじでーす!」と左右のお立ち台に上り頭の上でクラップをしながら明るく華やかなステージの中で、伸びやかな歌声で聴かせる「届けそこねたラブソング」へと続けた。

 「サイダーガールさんが会場を熱くしてくれましたね!」雅功が興奮気味に話すと彪我が「楽しすぎて、ちょっと暑いな」とギターをおろし、「ジャーン!」とシャツの下に着ていたTシャツを披露。「これ、サイダーガールさん2枚目のアルバムの初回限定盤についてきたTシャツです! しかも、ラバーバンド、ガチャベルトで完全装備!」と自慢気な表情をすると「それライブを観に来た人の方の格好だからね」と突っ込まれる。

 「それぐらいサイダーガールさんとの2マン楽しみにしていました! 盛り上がれますかー?」のコール&レスポンスで客席の熱を高めると続く「てぃーけーじー」で踊るダンスのレクチャー。「ドラムカーモン!」の掛け声から彪我の激しいパフォーマンスと雅功のギターで会場を熱く盛り上げた。会場が一体となったところで雅功がギターを置き、タオルを回すライブナンバー「Bun!Bun!BuuuN!」で、その一体感をさらにパワーアップさせた。

 一瞬の静寂の後、雅功の歌声に彪我の声が重なり、配信されたばかりの新曲「お返しの約束」へと続く。「これまで支えてくれてきたファンのみんなをこれからは引っ張って行きたい。この先に続く景色をみんなに届けたい」という想いを込めた1曲。「見つけてくれて感謝」「これからの僕らを見ていてね」と力強いメッセージが客席を魅き込んでいく。

 そして再び場の雰囲気は一転。2マンライブで3か月連続やり続けている“しめじ体操”の第三弾を披露。「表情筋をほぐす体操です。僕が“いろんな感情”を言うので、みんなはその感情の気持ちになって“しめじ”と言ってください」とお願い。「怒って~」「しめじー」「かわいく~」「しめじー」というやりとりの中に「誰の歌が好き?」「しめじ」「かっこいいのは?」「しめじ」と言わせる可愛い遊びを織り交ぜて会場を楽しませてくれた。

 後半のスタートは、「久々に歌う」という「きみでした」を弾き語りで。中学時代にリリースした頃は、少し背伸びした可愛いラブソングという印象だったが、いつの間にか「等身大」を感じさせるラブソングへと成長しているように感じられた。

 「いーでぃーえむ」で会場を熱く盛り上げ、その勢いのまま疾走感あふれる「スタートダッシュ」から、一瞬の静寂のあと彪我と雅功の歌声だけが会場に響き渡る「先に言うね」がラストナンバーとして演奏された。

 何度も何度も「めちゃくちゃ楽しかった」と繰り返すさくらしめじのふたり。これでラストかと思いきや、「せっかくの2マンライブなので、一緒に1曲歌ってもいいですか?」とサイダーガールを呼び込むとさくらしめじのTシャツを着たメンバーの姿に驚くふたり。「初めて観たけど、ロックなライブするね」と誉められ「いやいやいや」と恐縮しまくり。

 ふたりが「とにかく聴きまくっていた」というサイダーガールの「メランコリー」を一緒に演奏。嬉しそうに歌いながらギターを弾く彪我、ぐるぐると手をまわしながら飛び跳ねる雅功、そんな彼らにつられてサイダーガールも笑顔で客席と一緒にイベントのラストを楽しんでいた。

 この2マンイベントを振り返り「大好きなアーティストさん3組に出ていただきましたが、ライブを横から観ることなんて、なかなかできない経験なので、本当に3回とも刺激的でした」と話す雅功。「コラボグッズを作ったり、カバーし合ったり、一緒に曲を歌ったり。ごはんを食べながら話したり。お招きした僕らが楽しませてもらいました」と彪我。そして「楽しかったで終わらせずに、この経験を次につなげていきたいと」意欲的な言葉で締めくくった。

 サイダーガールは7月より2マンイベント【ぼくらのサイダーウォーズ3 -先輩、よろしくお願いします-】を開催。さくらしめじは、5月3日に二度目となる日比谷野外音楽堂にて【木もれ陽の中の春風キャンフ゜in日比谷野外大音楽堂】が決定している。

※高田の高ははしご高が正式表記

Photo by ハヤシサトル
Text by 大庭 利恵

◎ライブ情報
【さくらしめじ 日比谷野外大音楽堂 ワンマンライブ】
2019年5月3日(金・祝)東京・日比谷野外大音楽堂


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい