1990年3月・レニングラード【世界音楽放浪記vol.42】

2019/04/08 09:35


旅をすると、まるで導かれたような出会いをすることがある。後にならないと、それが偶然ではなく必然だったと、気付かないことも多い。1990年3月。学生だった私は、まだソ連の一部だったバルト三国を単身で訪れるべく、フィンランドの首都・ヘルシンキへと飛んだ。ところが、空港で荷物が出てこない。バッゲージ・クレームに行くと「届けるから、ホテル名を教えてほしい」と言われた。貧乏学生が、予約などしているはずがない。唯一、宿泊地で知っていたのが、オリンピック競技場にあるユースホステルだった。雪の降りしきる中、公共交通機関を乗り継ぎ、漸く辿り着いた。暫くすると、まるで賓客のように、私のバックパックはタクシーで送り届けられた。荷物を受け取りにロビーに行くと、ロシア人夫婦が困っていた。どうも、フロントの方とうまく話が通じてないようだ。少しばかりロシア語を話す私は、通訳を買って出た。レニングラードから来たという。10日後にあなたたちが住む街に行くと伝えると、是非、御礼をしたいと、住所を渡してくれた。

あわせて読みたい

  • ラグビーと世界のハーモニー【世界音楽放浪記vol.66】

    ラグビーと世界のハーモニー【世界音楽放浪記vol.66】

    Billboard JAPAN

    9/30

    スイスに響いたタモリ【世界音楽放浪記 vol.01】

    スイスに響いたタモリ【世界音楽放浪記 vol.01】

    Billboard JAPAN

    6/25

  • 京大での研究発表【世界音楽放浪記vol.40】

    京大での研究発表【世界音楽放浪記vol.40】

    Billboard JAPAN

    3/25

    十数言語の「ありがとう」【世界音楽放浪記vol.51】

    十数言語の「ありがとう」【世界音楽放浪記vol.51】

    Billboard JAPAN

    6/10

  • 高千穂で迎えた新年【世界音楽放浪記vol.29】

    高千穂で迎えた新年【世界音楽放浪記vol.29】

    Billboard JAPAN

    1/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す