上白石萌音がユニバーサルミュージックに移籍、内澤崇仁(androp)との「ハッピーエンド」映画コラボMV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

上白石萌音がユニバーサルミュージックに移籍、内澤崇仁(androp)との「ハッピーエンド」映画コラボMV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
上白石萌音がユニバーサルミュージックに移籍、内澤崇仁(androp)との「ハッピーエンド」映画コラボMV公開

上白石萌音がユニバーサルミュージックに移籍、内澤崇仁(androp)との「ハッピーエンド」映画コラボMV公開


 上白石萌音×内澤崇仁(androp)による「ハッピーエンド」と、この楽曲が主題歌となっている映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』とのコラボミュージックビデオが公開となった。

 上白石のデビュー当時から親交のある内澤崇仁による書き下ろしで、上白石も共に歌う主題歌「ハッピーエンド」は、2019年4月5日より配信開始となったばかり。3月28日に新宿バルト9で行われた映画の舞台挨拶では、上白石萌音がこの楽曲を提供した内澤崇仁とともに、「ハッピーエンド」を初披露。その席で上白石の口から「(杉野遥亮、横浜流星)お二人とも、「ハッピーエンド」をとても好きになってくれて、今日もこの場に来たかったと言ってくれました」というエピソードが明かされていた。

 公開されたコラボMVは、上白石が演じる主人公・西森葵を見つめる目線で制作された。映画本編の映像に合わせ、これまで未公開であった映画のメイキングシーンや、「ハッピーエンド」の実際のレコーディングシーンなども使用され、見応え充分の内容となっている。なお、挿入歌であるSUPERNOVAの「Everytime」と映画とのコラボMVも、杉野遥亮が演じた久我山柊聖、横浜流星が演じた久我山玲苑、二人を見つめる目線で制作されている。

 また、上白石萌音がユニバーサルミュージック内、ユニバーサルJに移籍することも発表され、新ビジュアルが公開となった。この移籍に伴い、上白石萌音オフィシャルサイトとファンクラブもリニューアル。5月に月額制のオフィシャルファンクラブ「le mone do」(レモネード)が発足する予定。現在、オフィシャルサイトでは無料のプレ会員を募集中。

※▽:記号のハート

◎リリース情報
配信シングル「ハッピーエンド」
2019/04/05 RELEASE

◎公開情報
映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
2019年3月21日(木)公開


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい