『4月4日はなんの日?』女優としても活躍するネオ・ソウルの女王、ジル・スコットの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『4月4日はなんの日?』女優としても活躍するネオ・ソウルの女王、ジル・スコットの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『4月4日はなんの日?』女優としても活躍するネオ・ソウルの女王、ジル・スコットの誕生日

『4月4日はなんの日?』女優としても活躍するネオ・ソウルの女王、ジル・スコットの誕生日


 4月4日は“ネオ・ソウルの女王”と称されるシンガーで女優のジル・スコットの47歳の誕生日。

 ジル・スコットは1972年4月4日、米・ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。ザ・ルーツのドラマー、アミルにその才能を見い出され、2000年に『フー・イズ・ジル・スコット?』でデビュー。ジャズ、R&B、ソウルなどを現代風にアップデートした音楽性で【グラミー賞】のほか多数の音楽アワードを受賞し、一躍シーンのトップスターに。2010年代に入ってからも、2011年『ザ・ライト・オブ・ザ・サン』、2015年『ウーマン』と2作連続で全米ビルボードNo.1を獲得するなど根強い人気を誇り、2016年には初来日も果たしている。

 一方、女優としてもこれまでに多数の映画・TVドラマに出演。近年は映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』(2015年)でジェームス・ブラウンの2番目の妻を演じたほか、DCコミック原作のドラマ・シリーズ『ブラック・ライトニング』(2018年)で悪役を演じ話題となった。

 新曲のリリースからは遠ざかっているジル・スコットだが、今年は6月21日より【LIVE In The moment Tour】と題し全米ツアーをおこなう予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい