【ビルボード】あいみょん「マリーゴールド」が345.8万回再生でストリーミング13連覇 桜ソングが続々チャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】あいみょん「マリーゴールド」が345.8万回再生でストリーミング13連覇 桜ソングが続々チャートイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】あいみょん「マリーゴールド」が345.8万回再生でストリーミング13連覇 桜ソングが続々チャートイン

【ビルボード】あいみょん「マリーゴールド」が345.8万回再生でストリーミング13連覇 桜ソングが続々チャートイン

 2019年4月8日付(集計期間:2019年3月25日~3月31日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、あいみょん「マリーゴールド」が3,458,101回再生で首位を獲得し、13連覇を達成した。

 年明け以降、圧倒的な強さを誇る「マリーゴールド」と、ここ数週で怒涛の勢いを見せているKing Gnu「白日」。5週連続で1位、2位を獲得している両者だが、その差は134.7万回→119,4万回→91万回と徐々に埋まってきており、順位変動の可能性も見えてきた。しかし、次週はあいみょんの新曲「ハルノヒ」の先行配信が控えており、首位争いはさらに過熱していきそうだ。

 3月27日に新アルバム『MAGIC』をリリースしたback numberは、過去曲の「ハッピーエンド」「高嶺の花子さん」がトップ10入り。他にも「花束」「青い春」など、計8曲がトップ100入りを果たした。なおこの数字は自身最高の記録となり、当週のトップ100では、あいみょんの16曲に次ぐチャートイン曲数となる。

 当週リリースの新曲で最上位となったのは、11位の日向坂46「キュン」。同曲は、3月27日にリリースされたデビューシングルの表題曲で、59位にはカップリング「JOYFUL LOVE」が初登場を果たした。

 またトップ100では、桜ソングが続々エントリー。28位のDA PUMP「桜」に加え、41位にケツメイシ「さくら」、68位にコブクロ「桜」、83位にYUI「CHE.R.RY」と、定番ソングが名を連ねた。上記の楽曲は、各ストリーミング・サービスの「春うた」プレイリストに収録されることが多く、単曲で聴く以外にも、プレイリストを通して聴いたリスナーも多かったのではないかと推測できる。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「マリーゴールド」あいみょん(3,458,101回再生)
2位「白日」King Gnu(2,547,522回再生)
3位「今夜このまま」あいみょん(1,823,513回再生)
4位「君はロックを聴かない」あいみょん(1,612,699回再生)
5位「ハッピーエンド」back number(1,211,225回再生)
6位「パプリカ」Foorin(1,131,875回再生)
7位「愛を伝えたいだとか」あいみょん(1,105,413回再生)
8位「高嶺の花子さん」back number(1,046,961回再生)
9位「YES or YES」TWICE(1,044,843回再生)
10位「Stand Out Fit In」ONE OK ROCK(960,689回再生)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい