【ビルボード】back number『MAGIC』が15,919DLでダウンロードAL首位、Suchmos『THE ANYMAL』が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】back number『MAGIC』が15,919DLでダウンロードAL首位、Suchmos『THE ANYMAL』が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】back number『MAGIC』が15,919DLでダウンロードAL首位、Suchmos『THE ANYMAL』が続く

【ビルボード】back number『MAGIC』が15,919DLでダウンロードAL首位、Suchmos『THE ANYMAL』が続く


 back number『MAGIC』が4月8日付(集計期間:3月25日~3月31日)でBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”の首位を獲得した。

 本作は、前作『シャンデリア』から3年3か月ぶりとなる、back numberの6thアルバム。3月27日に発売され15,919ダウンロード(DL)を売上げた。また、2019年12月にリリースされたベスト盤『アンコール』も再び注目を集め15位から11位に浮上、79回目のチャートインを果たしている。

 続く2位はSuchmosが約2年ぶりのフルアルバムとしてリリースした『THE ANYMAL』。全12曲が全て新曲で制作に1年以上かけられており、初週で1,641DLを売り上げた。

 3位は辻希美と加護亜依のユニットW(ダブルユー)の『ちょい悪デビル』。2006年に発売を予定されていた7thシングル『どうにもとまらない/ちょい悪デビル』などが収録されており、3月30日にはハロー・プロジェクト公演【ひなフェス2019】で、13年ぶりに1日限りの復活を遂げており、配信限定でリリースされた本アルバムは1,524DLを売上げている。

 その他、あいみょん『瞬間的シックスセンス』とONE OK ROCK『Eyes of the Storm』はいずれも7週連続のチャートイン。また、星野源『POP VIRUS』がNHK総合テレビで放送された番組の影響もあってか、17位から4位に再浮上した。



◎【Download Albums】トップ10
1位『MAGIC』back number (15,919ダウンロード)
2位『THE ANYMAL』Suchmos (1,641ダウンロード)
3位『ちょい悪デビル』W(ダブルユー)  (1,524ダウンロード)
4位『POP VIRUS』星野源 (1,389ダウンロード)
5位『瞬間的シックスセンス』あいみょん (1,262ダウンロード)
6位『F』Flower (1,192ダウンロード)
7位『Eye of the Storm』ONE OK ROCK (1,091ダウンロード)
8位『December 9』ACE COLLECTION (1,048ダウンロード)
9位『Chime』sumika (967ダウンロード)
10位『BOOTLEG』米津玄師 (911ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい