SKY-HI、スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』を語る

Billboard JAPAN

 SKY-HIが、スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』のイベントに登場した。

 本作では、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、鬼才スパイク・リー監督が映画化。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰し、第91回アカデミー賞(R)では脚色賞を受賞した。

 イベントでは、本作の原作本の翻訳監修を担当した丸屋九兵衛がMCを務め、SKY-HIはその呼び込みで会場に登場。以前から親交があるという二人は熱い抱擁を交わし、SKY-HIから「宇多丸さんのおかげでラッパーは映画に詳しいと思っている人も多いと思うんですけど、僕はそんなことないんです。この映画を観て、これは面白いと思ったし、今日は先輩の丸屋さんもいらっしゃるので、丸屋さんのお話を聞いて学びたいポイントもあるので楽しみにしていました」と明かしスペシャルトークショーがスタートした。

 そして、映画の感想、スパイク・リーについてなどを存分に語ったSKY-HI。最後は観客へ向けて、「『ブラック・クランズマン』は映画としてが面白いんです。この映画は敷居が低くて奥が深い作品の究極系かな。スパイク・リーの最高傑作だと思います。そしてアメリカ現代の社会を描いているのももちろんだけど、72年のアメリカ社会を描きながら、現代のアメリカ社会を描き、それはこの時代を生きる我々にも自分ごとのように刺さるところがある、そんな映画です」と語り、トークショーは大盛況のまま幕を閉じた



◎トークショー内容

<映画の感想について>
SKY-HI「素晴らしいなと思いました。映画の中で皮肉を込めて現代とリンクさせようとしてるのが、スパイク・リーらしいなと思いました。アメリカ・ファーストという言葉とか、どこかで見たな、聞いたな、と思うことが所々出てきて、70年代が舞台なのに自分の生きている現代につながると思いながら観ていたら、ラストシーンは強烈! スパイク・リーらしいですよね。」
丸屋「この映画、ラストシーンに賛否両論があるらしいけど、これごときで強引だとか言ってたら他のスパイク・リーの映画観られないよ。普段どれだけ強引なことやってるか!」
SKY-HI「そうですね。最後のシーンが終わって本当にゾワッとしますもんね。」

<アカデミー賞におけるスパイク・リーについて>
SKY-HI「スパイク・リーって、アカデミー賞のような、そういう権威に認められることにはあまり興味がないのかなと思ってたんですけど、受賞した瞬間すごく喜んでいましたよね。あれは意外でした。アカデミー賞受けする作風を無視して媚びずにやってきての受賞で、すごく熱いものを感じました。」

<実話との違いについて>
SKY-HI「映画には原作にない部分がありますよね?クワメ・トゥーレの演説シーンを印象的に仕上げていて特に好きです。 丸屋さんは要らなかったんじゃないかって言ってましたよね?」
丸屋「KKKへの潜入捜査という話に絞るのであればね。原作との大きな違いは時代設定です。映画では1972年になっていますが、実際にはロン・ストールワースが警察官になったのが72年、クワメ・トゥーレの集会に潜入したのが75年、そしてKKKに潜入したのが78年末頃からです。実際には電話じゃなくてKKKに手紙を送っています。そしたら本当に電話かかってきてびっくりしたという……」
SKY-HI「クワメ・トゥーレの演説をめちゃくちゃかっこよく撮っているのに対して、白人警官をかっこ悪く描いているところもありますよね。」
丸屋「でもロンの仲間の白人警官は格好良かったよね。あともう一つ、原作ではチャックという偽名で登場する、ロンの代わりにKKKに潜入捜査する白人刑事について。映画ではフリップ・ジマーマンという名前で、彼はユダヤ人だという設定がありました。」
SKY-HI「フリップがKKKのメンバーであるフェリックスに尋問されているシーンも印象的でした。フリップは周りの白人と見た目は変わりないし、ユダヤ教徒らしい生活もしてなかった。自分でもその意識のなかった人が、尋問されて自分のアイデンティティを見直すシーンとか……」
丸屋「そこは我が国にも当てはまるよね。」
SKY-HI「原作も黒人警官のロンの話だし、映画にしたのも黒人のスパイク・リー、それを見ている我々は黄色人種ですが他人事じゃないなと思いました。」
丸屋「他に映画らしい原作との違いは、爆発のシーンとかかな。実際は爆発してないですから。でも原作通りのところももちろんあって、KKK最高幹部のデビッド・デュークが黒人の話し方の特徴について黒人のロンに電話で話しているエピソードとか、本当にデビュッド・デューク間抜けだなと思うんだけど、映画で見るとさらに間抜けに見えるね。」

<ハリウッドにおけるブラックムービーの潮流について>
丸屋「映画界ではフットボールと同じで、黒人は選手としては一流だが監督コーチはできないと言われてたんです。役者もコメディー役が多かった。それがシリアスな役も認められるようになったんだけど、黒人監督の作品も認められるようになってきました。」
SKY-HI「作品のクオリティもそうですけど、権威が無視できない存在になってきましたよね。スパイク・リーなんてその象徴なんじゃないですか。スパイク・リーの主張は僕も物を作る人間としてすごくかっこいいなと思います。スパイク・リー監督作品では『ドゥ・ザ・ライト・シング』が好きです。この映画でスパイク・リーの作品初めて観ましたし。」
丸屋「『ドゥ・ザ・ライト・シング』と『ブラック・クランズマン』だったらどっちが好き?」
SKY-HI「う~ん悩みます。今人に勧めるなら『ブラック・クランズマン』。」
丸屋「僕は『ブラック・クランズマン』が一番の作品だと思っている。コメディーとかも撮ってたけど、この映画が監督らしくてこれがベストだと思う。」
SKY-HI「確かに面白いですもんね。」

◎公開情報
映画『ブラック・クランズマン』
全国公開中
監督・脚本:スパイク・リー 製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ 
宣伝:スキップ&NPC 
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック